(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

野外セックス体験、人妻と会社の近所の公衆トイレで立ちバックで中出し

サイキ



出会い系サイトで知り合った、33歳の人妻さん。

初めて会って車内で口でしてもらい、お金が欲しいということで財布に入っていた一万円を渡し、その代わりにアドレスをいただいた。

外回りが多い仕事と言うことで仕事中にメールをしてみると、今会社の近くにいるよって事で、また会いたいなぁって甘えた返事を入れると即いいよと。

仕事中なので時間がないということで、「俺の会社の裏の公園のトイレでいい?」と聞くと、「綺麗ならいい」と。

実際行ったことないので綺麗かはわかんないけど「じゃ集合ね」と。
先にトイレに入って待っていると、やっぱり所詮公園のトイレ
一畳ちょっとに和式がポツン。
だけど密着あってかえっていいかなと。

するとトントンとノックがあり鍵をあけ中に招き入れ、第一声は

「マジで!?」

でした。

今日は5しかないけど渡すと、カバンを水のタンクの上に置き、財布にいれはじめた。


その際、背中を向ける状況になった為、俺はしゃがんでスカートをめくりストッキング越しに太ももからオリシにかけて舐め始めた。

時間も時間だけにほのかにおしっ〇の匂いがした。

そのままタンクに手をつかせて、お尻を突き出させて背中からかぶさる体勢になり、右手でブラの脇から手を入れ乳首をコネコネ。
左手をストッキングの中に入れ、水色のパンティ越しに割れ目をなぞり、クリをまさぐった。

昼間の公園のトイレなので、いつ人が来るか分からない状況に、彼女も声を必死に押さえていた。

でも時々漏れる「あっっ…ダメ…」ってあえぎ声がエロすぎて俺のムスコもパンパンにはち切れてパンクしそうな状態に…。

すると、彼女はこちらに向き、急にしゃがみ込んで俺のベルトを外し、ズボンとトランクスを一気に脱がして竿を口に含み、場所を忘れる位なイヤらしい大きな音を立ててフェラし始めた。

実は彼女を気にいったのは眼鏡である。
スーツに眼鏡がイヤらしくてもうたまらない。

フェラをしている彼女に

「なぁ、空いてる手で自分の感じるトコ、イジりながら咥えて」

と言うと、彼女はストッキングとパンティの中に手を入れ、自分で慰めながらフェラをしてくれた。
トイレ内は「クチュクチュ」というマンコを弄る音とあえぎ声で凄い状況になっていた。

どうしても挿入れたくなった俺は、もう一度タンクに手をつかせ、ストッキングとパンティを下ろし、片足だけ脱がせ、「もっとお尻を突きだして」と言い、そのまま彼女のアナルからヒダまで後ろから舐め始めた。

挿入れるには十分に濡れていたので、不意に腰を手ががっちり押さえて後ろから一気に挿入れた。

「いゃぁぁ…」と驚いていたのでが、「いやなの?」と聞いてみたら

「もっとしてぇ…ねぇ、もっと…」

と結局そのままねだり、あげくに自分で腰を動かし、もう外に聞こえてる位にイヤらしい音がトイレ内に響き渡った。

場所が場所だけに流石にイケないということで腰を全開に振っていると、

彼女もだんだんとボルテージが上がり、

「イっちゃうょ…ねぇ、キて…」

という声に、

「中に出すよ?いい?」

というと同時に果てました。

公園のトイレはいいよ。

出会い系でエッチに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報