(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

【覗き】近所の美少女のお風呂場を覗こうと必死だったが・・・

サイキ

1607-0410.jpg

今考えると本当に馬鹿らしいんですが、当時の俺には、止められない衝動でした。

俺はよく姉と兄のお使いを頼まれてました。

理由は、一番下が言う事聞くもんだと、姉と兄のタッグにいつも勝てずに言いくるめられてお使いに

行かされる。

そのお使いの帰り道に、凄い事を発見してしまったのである。

それは、近所の家なんだけど、浴室の電気が点いていて窓が半開してる。 しかも、

「そろそろ上がるよ」

って女の人の声が聞こえた。

俺にとって、物凄く興味が湧いてしまいました。

どんな人が住んでるのかも知らないけど、俺は勝手に美少女を想像して下半身を膨らませてしまった

学校に行く時も、少し遠回りだったけどその家の浴室の窓をチェックせずにはいられない。

毎日のようにチェックしたけど、いつも半開してる。

もう秋に差し掛かっている、俺の中でもう時間は迫っている。

寒くなれば窓が閉められてしまうという焦りがあり、どうしても覗きたいという衝動に駆り立てられ

た。

何度か通っていたけど、どんな住人が住んでるのかは分からなかった。

けど、俺の中では凄い美人のお姉さんがいると思い込んでました。

今思うと何の根拠もない夢を持っていた少年期である。

俺の計画は、家族に夜21時ぐらいに寝ると言う。

俺の部屋は2階なんだけど、部屋のすぐ横に電柱があり、外には出られる。

もちろん、靴は前の日に部屋に置いてある。

そして、あの浴室を覗くんだと。

ついに決行の土曜の夜、

「もう眠いから寝るね」

と言って自分の部屋に戻り、電気を消した。

うちの家族は土曜は家族全員遅くまでテレビに夢中。

23時頃までは2階に上がってくる事はまずない。

21時から23時までがリミット。

中学の入学の時に買ってもらった腕時計を装着。

帽子を深く被り、部屋の窓から電柱に飛び移り、外へ。

計画通りである。

胸はどきどき、覗きという犯罪を犯すというより、あの美人のお姉さまの裸を間近で見れると期待感

でいっぱいだ。

現場についてがまだ浴室の電気は点いていない。

その家の庭先の植え込みに隠れて、待つ事30分。

とうとう浴室に電気が点いた。

「お風呂入るね」

という天使のような声。

間違いない、以前聞いた声だ。

そして、お風呂場の扉の開く音。

まだだ、身体を洗い出すまで待つんだ、と覗きたい気持ちを抑えた。

そして、お風呂の蓋を開ける音。

まだだ。

焦る気持ちを精一杯抑える。

湯船に入る音、鼻歌らしきものが聞こえるが何を歌ってるかは分からない。

そして、湯船から出る音が聞こえ、シャワーが出る音が聞こえた。

チャンスだ!

今しかないと勇気を出して、半開の窓から浴室を覗き込んだ。

「…………………」

自分の母親に近い年齢か。。。。

顔もかなりひどい。。。。

はにわ顔。。。

あまりに大きいショック。。。。


心を打ち抜かれた。

そして電信柱をよじ登り、自分の部屋に戻った。

完全犯罪の終焉である。

俺の夢の1つが破れた。

現実は厳しいものだと思い知った青春の一コマであった。


覗きに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報