(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、採用面接担当の上司と野外で挿入され

サイキ

0819-0837.jpg 
大学卒業間際になっても就職が決まりませんでした。
卒業式が終わり、何とか4月までにはと思って希望の職種以外の面接も受けましたが、それでも決まらなかったのでもう半分諦めかけていました。

そして最後の会社の面接に行きました。
これで落ちたら、実家に戻るか、バイトしながら就職探すか、どこかの派遣会社に登録するしかない思っていました。


面接に行くと、面接官の男性2人にいろいろ聞かれましたが、特に若い男性の方に
「彼氏いるの?」
「どのくらい彼氏いないの?」
「今まで何人の男性と付き合ったの?」
「ひとり暮らし?」
などとちょっとセクハラまがいの質問をされました。
いちおうその業界ではそこそこ名前の通ってる会社なのに…。


そして合否の連絡もなかなか来なかったので諦めていたときに電話がかかってきて、まさかの採用でした。
嬉しくて電話口で泣いてしまいました。
早速、明後日から研修があるので、その説明のため明日会社に来るように言われました。


翌日、会社に行って研修についていろいろ説明を受けて、さらに翌日から3ヶ月間研修センターで毎日研修の日々でした。 
研修は厳しかったですが、何とか3ヶ月頑張って、7月から配属が決まりました。


私の配属された部署の上司はなんと面接でセクハラまがいの質問してきた人でした。 
それでもこの会社しか私を採用してくれなかったので、ちょっとぐらいのセクハラ、パワハラがあっても辞めない覚悟で頑張ろうと思っていました。


ある日、残業して会社を出ると、ちょうどその上司と一緒になりました。
上司は車で送っててやると言いました。
私は丁重に断りましたが、遠慮するなと言われ、言われるままに助手席に乗りました。


車が走り出すと、上司が、
「面接のとき彼氏いないっていってたけど、今もいないの?」
と聞いてきました。
「はい、いません」
と答えました。


「ちょうど明日明後日休みだし、ちょっとドライブしてから送るよ」
と言って来ました。
私は疲れてたので早く帰りたかったのですが、逆らうこともできずに
「はぁ」
と曖昧な返事を返しました。


私の気持ちなどこれっぽっちも理解してない上司は意気揚々に
「仕事で疲れが溜まったときは発散しなきゃダメだよ」
と言ってどんどん車を走らせていました。

その後も上司は上機嫌にゴルフの話やらどこぞの牛タンが美味いとか私にとってはどうでもいい話をずっとひとりでしていました。
何だか車は山の中腹まで来ていました。
いったいどこに連れて行かれちゃうんだろうと不安になってると、急に車が停まりました。


そして上司は
「遠かったな…降りてみ」
と言いました。

私は助手席を降りると、ちょっとした高台になっていて遠くに街が見渡せるほど視界が開けていました。
そして空を見ると星がいっぱいでキレイでした。
「キレイだろ?気分転換にたまに来るんだよ」
と上司は得意顔で言いました。


そしていつの間にか肩に手を回され抱き寄せられたと思ったら、突然キスされてしまいました。
私にとっては1年振りのキスでした。
さらにキスしながら、服の上から胸を鷲掴みされていました。

私はビックリして体が硬直して抵抗できずにいるとスカートを捲くられて、パンティーの中に手を入れられ指でアソコを触られてしまいました。

嫌で抵抗したいのに久しぶりに男性に性器を触られたせいか、すぐにアソコが熱くなって濡れてきているのがわかりました。
そのまま私のパンティーを膝まで下ろすと、上司は命令口調で私に車のボンネットに手を付くように言ってきました。


私が躊躇してると私の背中を曲げるように押してきました。
されるがままに車のボンネットに手を付くと、上司はベルトを外してるのがわかりました。
さすがにそれはマズイと思ってたら、私の腰を持って後ろから硬いモノがググッと入ってきたんです。


1年ぶりにアレを挿入されたんです。
最初は嫌だったので抵抗しようと思ったのですが、体は違っていました。
久しぶりのアレが気持ちいいんです。
上司のアレが長いのか子宮の奥深くに当り、奥に押し込まれるたびに全身に刺激が走りました。


野外でお尻を丸出しにされて、バックからアレで突かれてると思うと、すごい興奮している自分がいました。
そして上司が激しく奥まで突いてくるたびにお尻の肉にぶつかり合うパンパンと音が周りに響いているのにも、さらに興奮してしまいました。


そしてどんどん上司のアレの出し入れが早くなって、あれほど上司に嫌悪感があったのにあっという間に声を上げてイッてしまいました。
でも上司はまだイッてなかったので、まだ激しく突いてきてたんです。 
私はもう膝がガクガクして立っているのもやっとでとうとうボンネットにベッタリ伏せてお尻だけ突き出してる格好になっていました。


それからかなり長い時間、その格好で奥までカリで抉るように出し入れされて、私は何度もイッてしまってました。
ちょっと意識が飛び掛けたときに上司はアレをアソコから引き抜くと私のお尻に大量の精液を放出していました。 


すぐに上司は車の中からティッシュBOXを持って来てくれてお尻に飛び散った大量の精液を拭き取ってくれました。
そしてお互い服を整えて、帰りました。
帰りの車の中で私は上司と関係を持ってしまったことに自己嫌悪で無口になっていました。


そして遊び半分で体の関係になるのは嫌だったのですが、私のマンションの前に着いたときに
「実はさ、好きなんだよ。付き合おう」
と言われました。


その日以来、こっそり社内恋愛しています。
そしてストレスが溜まると私の方から誘って、ドライブデートして、野外セックスしています。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報