(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

出張先でのエッチな思い出

サイキ

image34.jpg 

 たまに1週間ほど、同じ場所に留まることがあり、その時は夜、近所のスナックを覗くこともあって、そこで知り合った彼女とのことを聞いてください。
そこには、数年前に一度行ったことがあって、そこで知り合った彼女と仲良くなり他愛ない話をしながら「今度来たら、デートしようか?」なんて言ったら
「そうね、今度会えたら、いいですよ」とその時は、それだけで別れました。
そして今回2度目に店に行き彼女と再会。
いつものように他愛ない話から、「今度の金曜日、仕事が空いて暇だけどデートしようか?」と誘ったら「そうね、朝、子供たちを送り出したら時間をとれるわ」とOKをもらった。
当日、朝から電話をして彼女を迎えに家まで車を飛ばした。ドライブでもしようと思っていたのに、家の前で足首を捻ってしまい少し彼女の家で休ませてもらうことになった。
 すると彼女が「Tさん、足首をマッサージしてあげる」と言って用意を始めた。
「昔、マッサージをしたことがあるのよ、痛めたら直ぐに処置すれば早く治るからね」とソファーに座った私の足を手際よくマッサージを始めてくれて、それがとても気持ちよくて私は、眠ってしまった。
「Tさん、Tさん、終わったわよ」の声に起されて私は
「アアー、気持ちよかったから眠ってしまったよ」
「Tさん、疲れているみたいね」
「そうなんだよ。出張だと気が休まらないのかもね」
「その足もそうだけど疲れてるみたいだから、ドライブは今度にして、よかったら、家で休んでれば?」と云われたが「でも、他の男が、いても大丈夫なの?」と心配して聞いてみた。
「私は、昼間は、いろんなサークルをしてるので、いつも男女の人が、沢山来るから心配いらないわ。今日は丁度、サークルが無い日だから誰も来ないけど」
「それじゃあお言葉に甘えて、休ませてもらうよ」と少し安心した。
おしゃべりをしながら昼食をご馳走になった。
その後「Tさん、つかれてるなら身体の疲れも取ってあげようか?」と勧められ、それは在り難いと思い「うん、そうしてもらえるなら嬉しいね」と答えると
「じゃあ、二階だけど上がれるかな?」と心配しながら私の手を肩に掛けて抱き抱えるように階段を上がった。
丁度初夏の頃だったので、不自然な体勢で階段を上がるから自然と肩に廻した手が彼女のバストに触れて薄手のシャツだから直に触ってる感触を味わった。
ベッドに横たわり上半身裸になってから背中からマッサージを始めた。仰向けになってから胸の辺りをマッサージされながら私は彼女を引き寄せてキスをした。
嫌がられると思っていたら意外にも、受け入れてくれたので、安心すると同時に欲望が湧いてきたが流石にそれ以上は、我慢して「チコちゃん。もし嫌じゃなければ、明日の夕方、私のホテルに来れるかな?」と誘ってみた。
「明日の夕方なら大丈夫」と嬉しい返事をもらって、マッサージの続きをしてもらいホテルへ帰った。約束どおり、夕方に私のホテルへ彼女はやってきた。
私は、はやる気持ちを抑えて、少し会話で落ち着かせた。話しの中で彼女は去年から旦那と別居して今年の春に離婚したばかり。子供は彼女が引き取り育ててると云うことでした。スナックはバイトで知人であるママさんに頼まれると手伝ってるようです。
二度目でもう男のホテルに来るなんて好き物かと思いながら、いろいろカマをかけて話しを振ってみたが、どうやらそうでも無いみたいだった。
そう云えばママさんもそれらしことを言ってた。どちらにせよヤルことは一緒だからと思い、いよいよ愛欲モードにスイッチオン。
私から「シャワー浴びるけど君はどうする?」
すると彼女は「一緒に入りたい?」と聞くから
「勿論、まだ足が痛いから洗ってほしいな」
「しょうがないわね、じゃあ洗ってあげる」と言って一緒にシャワールームへ。
スレンダーな身体にBカップくらいのバストで膨らみを保っていた。ヒップは程よく張り出し、陰毛は薄くやっと秘部を隠せるくらい。
シャワーを浴びて浴槽に向い合って入り湯船の泡で身体中を洗ってもらった、勿論私の股間も丁寧に揉み洗い。そのうち、股間の一物が元気になったので、彼女の体勢を変えて後ろから抱くようにした。
両手でオッパイを揉みながら首筋にキスすると「イヤンくすぐったい」とまんざらでもない声をあげる。
さらに手をずらして片手でオッパイを弄り、片手は、ゆっくりと撫でながらデルタ地帯へ、指を使ってクリと秘口辺りを弄ると彼女は身体をくねらせた。
その頃には、乳首は硬く尖り秘口の中はヌルヌルに。いよいよ彼女と湯船の中で対面座位で挿入。

セックス体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報