(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

寝取られ、まじめな妻がどのように変貌するか興味があったので。

サイキ

image3.jpg 
私は41歳で妻は35歳。ごく普通の夫婦です。妻はまじめで人当たりもよく、近所でも人気者のようです。色白でスタイルもなかなかのもので、風呂上りの姿などを見ると、今でもぞくっとするものを持っています。私にはもったいないほどの自慢の妻です。


 ただ、私の方はそうでもないのですが、なんとなく夫婦関係の方は、ややマンネリ気味でうまくいっていませんでした。妻は淡白な方です。


 しかし、私のほうは40歳手前の頃からでしょうか、なぜか無性に妻を誰かに抱かせて見たい。他の男性と交わって、もっとみだらな女になって欲しいという不思議な思いが増してきていました。
 

 変に思われるかも分かりませんが、”他の男に抱かれ、まじめな妻がどのように変貌するか”を本当に見てみたいという思いに駆られて仕方なかったのです。


 もちろんそんな思いは決してまじめな妻には言えません。
ただ一人、想像と空想の中で私は楽しんでいたのです。しかし、その思いはつのるばかりでした。
 

 我慢できず、いつしか私は、夜の営みの時、妻が興奮して来た時にいろいろな卑猥な言葉を言わせることから始めていたのでした。最初の頃はもちろんだめでしたが。
 

 いろいろと粘り強く続けた甲斐もあって、3ヶ月ほどたった頃から、ようやく妻の口から「気持ちいいー、ものすごく気持ちいいのー」などと、興奮気味に口にしてくれるようになりました。嬉しかったです。

 思いがつのるばかりの私は、何とか妻を誰かに抱かせようと、いろいろと誘ってみました。特に妻がベットの中で逝きそうになった時などは、他の男に抱かれてるような場面を想定して、いろいろな言葉も言わせ、他の男性に抱かれることへの興味を妻自身に持たせるように仕向けていきました。


そしてやっとのこと最近、「仕方ないわね、もう本当に好きなんだから・・・」としぶしぶながらも了解の方向にこぎつけたのでした。


 妻に色々話をしながら実行を促していると、「私が本当に浮気しても良いの!!」 と言いましたが 私は「隠れての浮気は駄目だよ でも私が承知の物だったらいいよ!」というと、何か考え込んだ様子でしたが、まんざらでもない顔つきになっていました。
 

 いろいろな場面を想定しての夜の営みでも、相当興奮してくれるようになり「もっと、もっといっぱいして欲しい」、「おまんこがいいの、気持ちいいわー も・もっといっぱいしてぇー」と声を強めながら腰を激しく振ってくれるようになりました。
 

 しかし、想像とか空想の事では限界があります。また、私は十分に満足はできません。そこで、いよいよ実行に移す決心を固めました。
 

 妻の機嫌の良い日に、「マンネリ解消にいいようだから、一度カップル喫茶といわれているところに行ってみようよ」と誘ってみました。妻をどのようなところかもう一つ分かっていないようでしたが、大胆な行動であることは理解しながらも、もう仕方ない人ね「一度だけよ」と了解してくれまし
た。


 当日は、妻も好奇心が沸いてきたのか、以外にもその日は朝から機嫌が良く楽しそうに着ていく服を選んでいました。むしろ、私のほうが落ち着かないぐらいでした。
 

 妻が貴方も、一緒に選んでよ と言うので 私はそういう所にいくのだから 下着はこれ!とか、パンティーこれが!・・・ 上はシースルーのブラウスでスカートは淡いピンク系のフレアーで少し透けてる感じがするのを選びました。


少し抵抗はしましたが妻に着て貰うと 上はなんとなくブラが透けて見える感じでした。スカートからはティーバック気味のものが光の加減で見える様な見えないような感じで、相当良い感じでした。


 妻はこれじゃあ全部見えちゃうよ~~ とは言うもののまんざらでもない雰囲気で、既にやや興奮気味のようでした。私は夕方だし問題は無いよ。凄く色っぽいよ最高だよ 綺麗だよと励ましました。 

 妻は子供を一人しか産んでいない為体のラインは大きく崩れていません。

 色白の体は魅力的で、特に下腹から太ももの当たりは最高です。歯並びが良いので特に笑顔は抜群で、職場の同僚からも「お前の奥さん魅力的だよな」とよく羨ましがられます。多分、スタイルは今でも若い男をそそるものを十分に持っていると思います。
 

 夕方から最初からカップル喫茶じゃなく 気持ちを高めようと 成人映画を見ようと言う事になり 二人で映画館に入りました。 私は妻に「沙紀(妻の名)綺麗だから 沙紀に気づいたら周りの男達も沙紀の傍に寄って来て口説かれるぞ」と言と、妻は「そんな事無いわよ でも、もしも私がそ
うなったらあなたどうするのよ」意味ありげな笑みを見せました。私は、これは今日は旨く行けるぞ! と、思いました。


 「思い切って離れて座ってみようよ」というと、「どうしてよ、だめよ」とは言いながらも、考え込んでいる様子です。「さあ、どうするの?」と意地悪に問いかけると 「どうしようかな~」と、私を興奮させるような言い方をします。「私、本当に浮気してしまうかもよ」と意味ありげな笑みも
浮かべていました。



 しばらくして、妻は「分かった」「そうなりそうになったら席を立つから・・・でも、もしも浮気するようなことになっても知らないからね」と言いながらうきうきした表情で了解しました。その時、少し私の中に不安な思いが走ったのは事実でした。


 「それじゃあ、ちょと離れて腰掛けましょうか」と妻は先に中に入り、中央付近に腰をかけました。横に椅子を4つ空けた、5列後ろに私は座りました。 私は薄暗い中を、必死に周りの光景を伺っていました。映画が始まり始めると何人かが入って来ました。そして15分ほどした頃に 妻の隣に
はサラリーマン風の男が座ってきました。私は興奮しました。
 

 私は 様子を伺っていますが 映画館は薄暗くよくは見えません。 妻も映画を見ているので 何にも無いのかと思いながら居ました。 映画の内容は、人妻が電車でちかんにあって我慢出来なくなり、駅のトイレでオナニーする場面を映し出していました。 私は妻が気になって映画の内容は分からなくなっていきました。


 30分位すると 妻がモゾモゾしている様な気がしました。私は妻の後側の席に座り直しました。 
すると隣の男性の手が何と妻のほうに伸びて、なんとなくもぞもぞと動いているではありませんか!


 妻の膝の辺りを撫でているようなのです。

 妻は下を向いて膝を閉じようとしているようですが、男の力で開かせられているようでした。 
すると今度は妻を抱くように手を回し、右手で妻の胸の辺りを触りだしているようなのです。私はものすごく興奮していました。

私は興奮し、気持ちが高ぶりすぎて苦しくなったので、一旦席を離れホー
ルへタバコを吸いに出ました。しかし、妻のことが気になっていたたまれずすぐに中に戻りました。


 男は妻の方を見ながら何か囁いているようです。そして、妻が何かうなずいているようなのです。
私はハッとしました。
でも幸いというか、何と言うか、ちょうど映画が終わりを告げたので、まもなく場内が明るくなったのです。男は急いで妻から離れていきました。妻も、そそくさと、ホールの方に出て行きました。私は妻の跡を追いました。


 私は妻の所に行き 声掛けました。妻はうつむき加減で 潤んだ目で、「もう、遅かったじゃない・・・、もう どうなっても知らないからね、すごかったんだから・・」って言って来ました。で
もその顔つきはほんのり赤く、まさに終わったときそのものの顔でした。


 次の映画が始まりそうなので、中をのぞいて見ると4つ離れた席に移動して座ってるその男達は何も無かったかのようにしています。


 私は妻に「もう一度中に入り、座ろうか」と言いながら顔をのぞいてみると、あ「あなた本当にいいの?」と、不安げな表情を見せていました。私は何も言わず、妻の肩をそっと支えながら中へ入っていきました。始めは二人は後ろの列に座り、次の映画を見始めました。そして、先ほどは何をされ
たのかを聞き出しました。


 妻は、ひざを触られた後、やさしく胸を揉まれて 最後はアソコも直接触られたのと言いました。
そこまでとは思っていなかった私は興奮しました。私のあそこは瞬時に勃起しました。周りを気にしながら、妻のあそこに手をやったのです。 


 すると何と驚いたことに下着を付けていないのです。
私が聞くと「先ほどの男にそっと脱がされて、下着は取られてしまったの」と言いました。
 

 そう言いながらも妻のアソコは潤んで濡れ濡れ状態でした。妻は、「正直に言うとすごく興奮して、感じてしまったの。ごめんね」と言いました。 
 
 私はもう嫉妬となんともいえない興奮で、あそこは痛い位にビンビンの状態でした。いつしか妻は私のものを触りながら 「貴方いつもより凄い 硬いし 大きいみたいよ」と小声でささやきながらもまんざらでもない様子です。しばらくすると妻は 「ね~え 私変に為りそうよ」 と言うではあ
りませんか!
 

 「じゃ先ほどの男にもう一度触って貰うかい?」と聞くと、「あなた、いいの!」と聞くではありませんか。私は、これはいけると思いました。


 妻は大きく深呼吸をしたあと、先ほどの席に戻っていきました。もちろんあの男性もそのままの席に座っています。
 10分もしないうちに、妻の隣にその男は移動していきました。もう私の興奮は最高で、あそこの先から汁が漏れ出してきていました。
 

 妻はすぐに男の方にもたれ掛かって行きました。しばらくすると、小刻みに妻の体は震えてきました。幸いに周囲に人気が無かったので、私は2列後ろの席までそっと近づいていきました。
 

 妻に男が何かを囁くと、先ほどと同じように妻が頷いています。妻の体はさらに小刻みに震え、「あっー」と、小さな声を漏らして、妻はぐったりと男の方にもたれ込みました。何と妻は男の手だけでいってしまったのです。

 驚いたことにしばらくすると、男は妻の手をとって、席を立ってしまいました。二人はホールの方に出て行きました。私は、一瞬うろたえました。しかし、ふとわれに戻り二人を追いかけねばと、席を立ちました。ところが、ホールに二人の姿はありません。もしやトイレにと思って入ってみました
が二人の姿はありません。思い切って女子トイレ方ものぞいてみましたがそこにもいませんでした。
 

 そうです。二人は外に出てしまっていたのです。
  
 慌てて外に出た私は、やっとのことで二人を見つけ、二人を尾行するような格好になってしまいました。
 交差点まできて信号待ちをしている時、ふと振り向いた妻は、私を見つけて何と笑顔でウインクを送ってくるではありませんか!私は思わずその場に立ち尽くしてしまいました。・・・女のすごさを感じました。


 もしもカップル喫茶で出会いがあり、成り行きで別れ別れになった時は、お互いトイレに入った時などに携帯で連絡を取り合おうと示し合わせていましたので、私は腹を決め、二人の尾行をやめ妻からの連絡を待つことにしました。自分が仕向けて、期待したことが現実に今目の前で起こっているのに、なぜか不安でいっぱいの自分がそこにはいました。
 

 居酒屋に入り、やけ酒っぽいのを飲みながら待っていると、10分ほどして妻から「ごめんね、今ホテルに入っちゃった。トイレからなの、いい人なの。本当にごめんね」とメールが入ってきました。
わたしの興奮も最高潮に達した瞬間でした。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報