(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

隣に住むおばちゃんにしごいてもらい快感が・・・

サイキ

pantunonaka.jpg 
高2のとき、学校から帰って来ると親のいないときに悪友にもらったエッチなDVDをおかずに毎日チンコしごいて2~3発抜くのが日課になっていました。


そんなある日、学校から帰って来たときにちょうどボクの住んでいる同じマンションのお隣に住んでいるおばちゃんとバッタリ会ってしまいました。


ボクがおばちゃんに挨拶すると、ニヤニヤしながら突然、
「ここ最近、エッチなビデオ見てるでしょ?隣まで音が漏れて聞こえてたわよ!!笑」
と言われたんです。


どうやら、オナニーに夢中になり過ぎてたボクは音量も気にせずAVを観ながらオナニーしてるのがバレていたようでした。


ボクはあまりの恥ずかしさに口ごもり、赤面してしまいその場を立ち去ろうと思ったら、おばちゃんは
「おばさんでよかったらオチンチン気持ちよくしてあげようか?笑」
と言ってきました。


そしていきなりのおばちゃんの発言に驚いて固まったボクの右手を引っ張って、そのままおばちゃん宅まで連れて行かれました。
おばちゃん宅に引っ張り込まれ、リビングまで行くとソファに座されると、早速ズボンのベルトを外しチャックを下ろしズボンとパンツを同時に引きずり下ろされちゃって下半身だけが丸出しに・・・。


恥ずかしくてちんちんを手で隠していると、おばちゃんは上の服を脱ぎブラをはずしておっぱい丸出しになると、いきなりめっちゃ垂れてる乳をボクの顔に押し当ててきました。
「ほら、おっぱい舐めて・・・、吸って・・・」
ボクは言われるままにおばちゃんのおっぱいを舐めて、吸いました。


童貞だったので初めて舐めたおっぱいがおばちゃんのおっぱいだったことにちょっと悲しい気持ちになりましたが、柔らかい生おっぱいにボクのちんちんはギンギンになっていました。


おばちゃんはそんなボクのちんちんを見てクスッと笑いながら、ちんちんを握るとゆっくり優しくしごき始めました。


自分でしごくよりもはるかに気持ちよくて、どんどんボクのちんちんは硬くなっていきました。
「うわぁ、硬くて美味しそうなおちんちんね!!笑」
そしておばちゃんはそのままボクのちんちんをパクっと咥え込んじゃいました。


フェラの初体験でした。
今まで手でしごく快感しか知らないボクには初めて味わう生温かい口での快感に頭は真っ白になってしまいました。
おばちゃんはそんなボクの反応を楽しむかのように舌先で裏筋をチロチロしたり、カリ先を口で吸い上げたりとさまざまなテクでボクを悶絶させます。

そしてちんちんを咥えたおばちゃんの口の動きがどんどん速くなってきて、ボクはもう我慢できずにイキそうになると、おばちゃんは
「ほら、このままおばさんの顔に精子いっぱいかけてちょうだい!!ほら・・・かけて・・・」
と興奮した口調で言いました。


ボクはもうイキそうだったので急いでおばちゃんの口からちんちんを引き抜くと、おばちゃんの言葉に従いそのままおばちゃんの顔めがけてドピュ、ドピュと精子をぶっかけました。
おばちゃんは目をつぶったまま
「あっ、うわぁ・・・、いっぱい出てるね!!笑」
と満足そうに顔が精子まみれになっているのを喜んでいました。


そして、おばちゃんは精子まみれの顔を指で拭き取り、愛おしそうにその指を舐めながら
「うわぁ、こんなネットリした濃い精子久しぶりだわ!!笑」
と感心しながら、吐息を漏らすように言いました。


その後、精子を出したばかりのボクのちんちんを“お掃除フェラ”と言いながら、キレイにしゃぶってくれました。
「どう?気持ちよかった?気持ちよかったでしょ!!笑 今日はこれでおしまいね!!」
と言われ、ズボンを履いておばちゃんのマンションを後にしました。


その後、おばちゃんとは何もありませんが、今ではAVよりおばちゃんにちんちんをしゃぶられたことを思い出しながら、ちんちんをしごいてる毎日です。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報