(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

美人女子社員を必死に口説いて社内でH時に膣痙攣になり・・・

サイキ

5051-0800.jpg 
 入社時から目を付けていた社内一綺麗な事務の女子社員と、たまたま2人きりの残業となり、仕事を早めに切り上げ必死に口説いてやっとの思いで合意させ、終業後に会議室へ誘い込みHした時のことだけど、


必ず今回のHで感じさせて自分の女にしてやろうと、一生懸命一心不乱に突きまくり何度目かのイク瞬間に、それまで「ああ~っ、あっ、あっ、うっ」と力無く喘いでいた子が、


 突然に全身を大きく反らせながら、大声で「あっ」と短い声を上げながらピクッと太股を締付けた途端に、マンコの入口辺りがギューッと締まり、まるで根元を輪ゴムで縛られたような軽い痛みがチンポを襲い、


もしかして感じすぎたから失神しちゃうのかなっと期待を抱きながら止めを刺してやろうと更に激しく突いてやろうとしたが、マンコが万力の様にチンポを挟み込んでいて全く動けなくなっていて、


 一旦抜こうと思ったが全く抜くことも出来ず、そのうちにマンコの中がグニュグニュと大きく波打ったように痙攣し始め、あまりの気持ち良さに我慢出来なくなり、射精しようとしたがチンポを痛いくらい強く締付けられていて、精液が出ずに尿道の中に溜まったみたいな変な感じになって、


 恐くなり必死に抜こうとしたが、チンポとマンコが伸びるだけで全く抜けず、マンコの中がピクピク小刻みな痙攣へ変った頃にそれまでグッタリしていた女の子も意識を取戻したので、一緒に抜こうとしたが抜けず、


その抜こうとする努力中にも女の子の可愛さとマンコの動きの気持ち良さに負けて、1回射精したはずなのだが精液は全く出ず、


 チンポは全然小さくならないし、女の子は痛がり始めるしでどうしようもなくなり、結果的に結合状態のままでなんとか服を着て、社屋下の駐車場まで行って女の子を自分の膝の上へ座らせて自分の車へ乗込み、もの凄く恥かしかったが救急病院へ掛け込んだ。


 そして、先生が小さな注射器に入った麻酔薬を3カ所に分けてクリの近くとマンコの左右へ注射してくれると、2・3分程でマンコの痙攣が治まり、締付けが弱くなった瞬間にそれまで尿道に溜まっていた大量の精液が出始めたが、その頃には既にチンポも小さくなり始めていてコンドームの隙間からダラダラと股間に流れ出してきた。


 それを見ていた先生の「もう抜けるでしょ」と言う声を聞いてチンポをマンコから抜いたが、マンコの方はチンポが刺さっているみたいにそのままの形で大きく穴を開けていて、まるで中出ししたかのように大量の愛液をダラダラと垂れ流していた。


 マンコの方は看護師さんが綺麗に拭いてくれ、チンポの方は看護師さんに「自分で拭いて下さいね」と紙を渡されたが、その間女の子は恥かしさのあまり真っ赤な顔をして耐えていた。


そんな女の子とマンコを丁寧に拭いてやってる若い看護師さんの顔を眺めていると、またチンポが大きくなりはじめ、自分でチンポを拭いていたが突然ピュッと射精してしまい看護師さんの頬に掛けてしまった。


「ごめん」と言いながら看護師さんの頬に掛かった精液を拭き取ろうとしたが、看護師さんから「何をしてるんですか」と窘められ、挙句は最後にその看護師さんにチンポまで綺麗に拭いてもらう羽目になってしまった。


それ以来その女子社員とは結婚を前提にまじめに付合っているが、あの看護師さんにチンポを拭いてもらった時の興奮が忘れられず、そして毎回Hの時には膣痙攣が恐くて淡白なものになりがちとなり、3擦半の超早漏になってしまった。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報