(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

母子相姦、息子との遠距離恋愛で一つになれた

サイキ

1607-1034.jpg 
息子が昨年の春東京の大学に入学して一人暮らしを始めました、今まで娘からもお母さんと豊は仲が良過ぎて気持ち悪い豊に言ったら豊も気にしていて、今回東京の大学に決めたのもお母さんと距離を置きたい、お母さんを好きだけどこのままじゃ良くないと言って私も賛成したんだと話しました、


私自身豊が居なくなってから心に隙間が出来たようで毎日豊はどうしているのかなと考えない日はありませんでした、ある日娘に豊はお母さんを大好きで他の女の子に興味が持てないといってたから今回は豊にとってもお母さんにとってもちょうど良い機会だったね、と言われ何故か娘が憎く思えました。


豊が私のことを好きだとあらためて聞かされ、どうしても豊に逢いたいと思い主人と娘には実家に行くと嘘を言って東京に向かったのです。管理人さんに開けてもらい息子の部屋に入ると、机に私の写真が置いてありました。


私はそれを見て何故だか身体の震えが止まりませんでした。息子のベッドに座り枕に顔を押し付けるとなつかしい息子の匂いがしました、匂いを嗅いだ途端、膣が濡れてくるのがわかりました。


一時間くらいして息子が帰ってきました、息子の顔を見た途端涙が溢れて息子にしがみ付いていました。自分でもびっくりする位甘えた声で、おかあさんさみしかったんだから、と言うと息子は、僕もそうだよ毎晩お母さんのことを考えていたんだよ、と言って私を抱きしめベッドまで連れてゆきました、


ぎこちない手つきで息子に服を脱がされ息子の指が膣に入ってきた時は思わず声をあげてしまいました、むすこのチンチンが身体に入ってきた時は、豊大好き!と声をあげてしまいました、


翌日帰るまで何回も愛し合いました、息子に聞いたら最初の頃は東京に出て来たことを後悔したそうです、そして私の写真を見て自分でなぐさめていたそうです、


息子は結果的におかあさんとこのような関係になれたのだから良かったと言っていました、家に帰ってからも息子のことばかり考えています、電話もかぞくがいないときにします、


電話では、お互いに敏子豊と名前で呼び合います。息子と話をしているだけで濡れて来ます、数日したらまた上京するつもりです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報