(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

満員電車で逝かされたあとそのままラブホで…

サイキ

densyatikan.jpg 
通学で電車を使っているんですが、その日は人身事故があったみたいで帰りの電車は朝のラッシュ並みに混雑していました。


とりあえず、私は来た電車に乗ると案の定ギュウギュウで身動きが取れず、ドア際に押されてしまいました。
ドアが閉まり、ようやく電車が動き出すと、さっそくお尻のあたりでもぞもぞした違和感を感じました。


『おいおい、痴◯かぁ?』って思っても、混んでて体の向きを変えることもできないし、もちろん移動することもできないでいると明らかに手のひらで制服のスカートの上からお尻を撫できたのがわかりました。
とりあえず、次の停車駅まで我慢だと思って、それまでは無抵抗状態でお尻を良いように触られていました。


と言ってもあまりにも遠慮なく私のお尻を触って来るので、どんな奴が痴◯してるのか見てやろうと首を捻って振り向くと、予想に反してスーツ姿の優しそうなハンサムなおじさまでした。


『あれれ?何でこんな人が痴◯なんて…?』と思っているとおじさまは下着の隙間から手を入れて、直にお尻を揉み始めました。


実はドキドキしてたのもあるし、ちょっと変な気分になりかけていたので、『次の停車駅までなら…ちょっとくらいならいいかなぁ…』と思ってされるがままになっていました。
するとおじさまは私が抵抗しないと思ったのか、とうとうアソコにも手を伸ばしてきました。

すぐにクリを探し当てられ、指でクリを弄られると思わず、体がビクンを反応し『ん、んっ』って声が漏れそうになりました。
自分じゃわからなかったけど、濡れちゃってたみたいですんなりおじさまの指がアソコに入ってしまい、その指で中をゆっくり掻き回されると声を抑えるのに必死でした。


最近、オナニーばかりだったのでおじさまの指の動きが気持ちよくて腰が勝手に動いちゃってて、掻き回してくる指をもっと奥にもっと奥にと自分から受け入れていました。
その時点ですでにアソコは洪水でビチョビチョになっているのがわかりました。
グチャングチャンと音がしてて、周り乗客に聞こえてないかヒヤヒヤしました。


そのときちょうどアナウンスが流れ、もうすぐ次の停車駅に到着するのがわかりました。
おじさまもそのアナウンスを聞き、急に指が奥のGスポットに当たるように掻き回し始めました。


その瞬間、体中に電流が走ったみたいに体がビクンって痙攣して、思わず『あっ』と声を漏らしてイッてしまいました。


その声で隣のサラリーマンに痴◯されてるのを気が付かれちゃったみたいでした。
でもそのとき電車が到着してドアが開き、いっせいに乗客が降りたので、私も降りました。


私はちょっとフラフラしてると後ろから手を引っ張られました。
振り返ると、私に痴◯していたおじさまでした。



おじさまは優しく微笑みながら、『ちょっと時間あるかな?もっと気持ちよくなろうか?』と誘ってきました。
私はちょっと放心状態だったみたいで、なぜか『え、あっ、はい』と頷いていました。


それからおじさまと改札を出て、駅近くのラブホテルに入りました。
部屋に入ると、すぐに全裸にされてシャワーも浴びずに体中をいっぱい愛撫されたあと、おじさまのおちんちんを入れられました。


久しぶりのおちんちんだったので、最初は挿入時にちょっと痛かったけど気持ちよくて『もっともっと…』と言いながら自分でも腰を動かしていました。
おじさまはおちんちんを出し入れしながら、同時にクリも弄って来たので、私はあっという間にイってしまいました。


その後も立て続けに何度もイッてしまい、半ば意識が飛んでグッタリしてるとおじさまも中出しでイッたようでした。
本当は妊娠が怖かったから中出しだけは断りたかったけど、何も考えられないくらいグッタリしてたので私は初めて中出しされてしまいました。
今まで彼氏にも中出しさせないようにしてたのに…。


おじさまがおちんちんを抜くと、精液がアソコから溢れ出てくるのを感じました。
それからお互いベッドでちょっとお話して、シャワーを浴びました。
ホテルを出る前におじさまは私に『はい、これ!お礼!』と2万円くれました。
私は素直に受取ってバイバイしました。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報