(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

ネトゲのおねーさんが処女だった

サイキ

kodomo.jpg 
俺はもう2年ばかり、ある有料ネトゲを続けている。 
派遣社員7年目、嫁と二人暮しで余裕もそこそこあるからだ。 
今や俺の第二の生活空間といえるそこには、ひとりの相棒がいる。 


 ゲームIDは琉希(ルキ)。 
大学2年だという彼女は、ゲームを始めたその日から約一年、 
俺がマスターを務めるギルドで生活している。 


 今やサブマスターの彼女は、いわゆる姉御肌だ。 
さばさばした性格で、厨臭い下ネタでも下品にならない様にうまく盛り上げる。 
いつも明るくて面倒見がよく、俺が気付かないギルメンの機微にも鋭い。 


そのくせ心無いプレイヤーの暴言を受けると、すぐに塞ぎこむ繊細な面もある。 
本人は普段どおり振舞っているつもりでも、 
ムードメーカーの異変に気付かない奴はいない。 


彼女はメンバー全員に「おねーさん」と慕われているが、 
俺にとっては、可愛い妹のような存在だった。


恥ずかしい話、俺は女の子に初めて「中身」で惚れた。 
嫁も“趣味が合った”というのはあるが、やはりルックスが大きい。 
琉希は容姿の話題を避けるため、そう可愛い方ではないのかも…と 
密かに思っていた(失礼)が、それでも人間として尊敬でき、可愛らしかった。 


 彼女は俺なんかよりずっと良いリーダーだった。 
何か不備があると、婉曲表現を使わずビシバシ指摘してくる。 
耳が痛かったが、その方法は変な誤解を与えない。 
会話のセンスといい、彼女はとんでもなく頭が切れる。 
名参謀のおかげで、俺のギルドは混沌とした時代を乗り切る事ができた。 
                   

それでも一時、ギルドは解散を余儀なくされた時期があった。 
ちょっとしたトラブルから、濡れ衣の汚名がサーバー中に轟いた為だ。 
俺もなんとかしようと頑張ったが万策尽き、諦めかけた。 
そのとき、彼女はなりふり構わず知人に頼み込み、 
なんとかギルドを存続させようと奔走したらしい。 


後に人づてに聞いて感謝すると、景気良く喋っていた彼女は急に黙り込んだ。 
ギルメンの話では、バトル練習用のカカシをバシバシしばいていたそうだ。 

その時俺は、照れる彼女に心底惚れた。 

前置きが長くなったが、彼女には書ききれないほどの魅力がある。 


事のはじまりは、大阪に住む俺が、千葉に住む最古ギルメンと 
梅田で初オフ会をしようと話していた時。 
京都に住む琉希が、自分も逢いたい!と参加してきた。 
日時を決め、いざ会おうとなった前日。千葉の奴が仕事で来れなくなった
そのため二人で会うことになった訳だ。


俺は、当日まで琉希の見た目を知らなかった。 
彼女は男性恐怖症らしく、写メ交換とも言い出せない。 
語り口調から、強◯やストーカーといったレベルのトラウマだと思う。 


最低限の特徴だけを聞き、待ち合わせ場所を細かく指定してぶっつけ本番。彼女は見た目は普通だといっていた。 
俺も平凡な女子を想像して当日を迎える。 
だから、待ち合わせ場所に行って驚いた。 


なんと 彼女はネカm 
ではなく、はるかに俺のイメージを超えていたから。


まず見えたのは、その鎖骨までの艶やかな黒髪。 
嫁の髪もさらさらだが、彼女のはまさにAsian beauty! 
マジでシャンプーのCMクラスだった。 


そして脚、これがまた理想的。 
ローライズの短パンを穿いていたが、それを穿くための脚だと思った。 
細すぎず、適度に筋肉と皮下脂肪がついたメリハリのある脚。 
長さは胴の倍近くあるだろう、スタイルは日本人離れしている。 
最近の娘は発育が・・なんてセリフがまざまざと浮かんだ。 


上は網目状のピンクカットソーで、下の白いシャツが透けるタイプ。 
一見清楚な雰囲気だが、胸が非常に大きく、女性的かつ色っぽかった。 
上着から覗く腰は見事にくびれ、ヒップも安産型。 


顔は、前に借りた「椎名りく」というAV女優をさらに美形にした感じ。 
いや、単にローライズと美脚から連想しただけだ…。 
もっといい例えがあるかも知れないが、あいにく詳しくない。 


化粧している風には見えないのに、染みひとつない白い肌。 
桜色の唇は血色が良く、目元もくっきりしている。 
ルックスは、この西日本最大の都市でも半年に一度見かけるかどうかだ。 


芸能人が霞むレベルも結構歩いてるんだが。 
もちろん俺の色眼鏡もあるだろう。 
世間的にもどうか知らないが、見事に俺好みの容姿だった。 


自分で場所指定しておきながら、俺はそれを見た瞬間、歩む速度が半減した。 
いつもその近辺にいる色髪ナンパ野朗さえ遠巻きに見ている有様だ。 
もっとも、琉希なら強引に誘われても急所蹴り上げるくらい普通にしそうだが。 


とても近寄れなかった。 
声を掛ければ最後、顔に疵のあるマネージャーに取り押さえられる気がする。


どうしようかと数メートル手前で立ち止まったとき、 
ふと彼女がこっちを向いた。 
前もって特徴は教えておいたが、わかってくれるか? 
彼女の黒目がちな瞳が、俺の顔を、シャツを、ジーンズを、靴を見回す。 
女がまずファッションをチェックするのには慣れてるが、こんな緊張は初めてだ。 


最後にその目が俺と合った後、彼女の表情がやや柔らかくなる。 
良かった・・・。 
俺はこのとき、心からそう思った。 


 彼女が小走りで駆け寄ってくるのも印象的だった。 
その容姿が、壁にもたれる人形ではないんだ…と実感できたから。 
彼女も不安そうな顔だ。 
「あの!  ……マスター…ですよね?」 
こちらと白い息が重なる程に近づき、声のトーンを落として通称を呼ぶ。

ってか何気に見下ろされてる。 
164の俺よりでかいのは確実だ。


「……であんまししつこいから8×4渡したげたんよ。ヒャ―ッて顔してた」 
京都弁のまったりとした感じと、関西ゆえの流れるようなトーク。 
生で聞く彼女の喋りは、その独特のテンポもあり、笑いが堪えきれない。 
声は意外と落ち着きがあってよく通る。 
おそらくはこれから、彼女のチャットを見るたびに思い出すだろう。 


そして横をみると、きめの細かい髪。 
こんな細い髪は見たことがない。櫛で梳くと全部抜け落ちそうだ。 
うなじから高級ホテルの石鹸のような匂いがする。 
あまりにいい匂いで、思わず息を大きく吸いたくなるが、 
発情していると思われては格好悪いのでやめた。 


今のスクランブル交差点で、彼女を見た男は8割。 
琉希はさすがに慣れているらしく、意識はしていないようだ。 
慌しく人並みを避けながら、時おり輝く高層ビルを見上げている。 
京都にはそんな高いビルはないそうだ。 


動く歩道や通天閣などなど、大阪名物(?)を見せて回る。 
彼女は視線を左右に散らしてはしゃいでいた。 
喜怒哀楽のはっきりした表情は、よく動かすから輝くんだろうか? 
しかし彼女が一番注目するのは、いい匂いのする食い倒れ通り。

 
そういや、いつも何か夜食喰いながら狩りしてるな…。 
それにしても、彼女もいい匂いだ。 
石鹸でなく柑橘系かもしれない、と思えてきた。 


「そろそろ、なんか喰おか?」 
行きつけの店が近づいたので提案すると、 
彼女は(待ってました!)という笑顔を作った。 
今にもよだれを垂らしそうな頬のひきつり・・・可愛い。 


その丼屋は商店街の外れにある。 
味は一級品だが、見た目が一軒家なので客が少ない穴場だ。 
琉希がブーツなので、座敷ではなく椅子に腰掛ける。 
鉢巻をつけた大将が彼女を睨んでいた。 


今どきの物が嫌いな人だから。 
だが、琉希が頼んだ天丼が届き、彼女がそれを食べ始めると、 
心なしかその視線も緩んでいった。 


おしとやかに一口一口、ではなく、かといってがっつくでもなく。 
箸が止まらないとでも言うように、次々と頬張る彼女。 
確かにここの丼は美味い。 
だが、これほど美味しそうに食べる子ははじめて見た。                

グルメ番組のように笑っているわけではないのに、幸せそうだ。 
思わず見とれていると、恥ずかしげにはにかんで 
「あんたも喰え!」とばかりに箸で俺の丼を指した。 


そこから映画を見て、ゲーセンに寄るとすぐに辺りは真っ暗。 
喉も渇いたので近くの居酒屋に入った。 
はじめはチューハイをちびちびやっていた琉希だが、 
そのうち俺の真似をして生中を飲み干す。 
ほんの一杯で顔が真っ赤。目がとろんとしはじめている。 


この間も彼女は話し続けていたが、どんな話だったかは覚えていない。 
ただ、とんでもなく色っぽいと思ったことは確かだ。 
マスター・・とか呟いてちょっと背中を預けてきたりしてたから。 
さっきまでは対等な立場、という感じだったのにこのギャップ。 


酔った彼女が可愛くて、ちょっと回りに対して優越感もあった。 
実際俺も、この日はずっと心臓が高鳴っている状態。 
酔いもかなり早い。 


自然と、俺は彼女の細い腰を抱き寄せていた。 
琉希は一瞬、戸惑ったようにこっちを見たが、 
すぐに力を抜いてもたれかかってくる。 
                

オフ会での出会いというのは、なんとも不思議な感覚だ。 
チャットでは心友といえるほど打ち解けているのに、会ってみると知らない顔。 
幼馴染が全く別の人間になったようなものだ。 
おかしいぐらいに興奮する。 
彼女もそうなんだろうか、腕を組んでみたがり、そのまま指を絡ませてくる。 
酔うと下系に大胆になるタイプだろうか。 


店を出た後、俺と彼女はしばらく黙って立ち尽くしていた。 
まさか、彼女も同じことを考えてるんだろうか・・? 
じわりと汗の滲む手に力が込められた。 
「……せっかく、会ってんし」 
確か、彼女は男性恐怖症だったはず。 
でも握られた強さを感じると、そんな伺いを立てることもできなかった。



気がつけば、俺はホテルで嫁に朝帰りの電話をしていた。 
琉希が酔いつぶれたという理由にしておく。 
すでにシャワーを浴びた彼女は、俺に背を向けて 
口にスプレーを噴きかけていた。 
やっぱりあのぐらいの子は、体臭を気にするものなんだろうか。 
個人的には、ちょっとくらいの口臭はむしろ歓迎だけども。 


産まれたままの姿で向き合い、中坊みたいにじっと見つめ合う。 
手を回して彼女の頭を引き寄せる。髪の感触はやはり希薄。 
上唇を合わせる軽いキスから、舌を入れていく。 
舌の根をくすぐると、向こうも応えてきた。 


彼女は男は苦手だが、女相手ならよく遊ぶそうだ。 
ギルメンにも相手がいるのは、その本人から聞いている。 
だから彼女のディープキスはうまい。 
歯茎や喉のかなり奥まで舐め取られ、声が漏れてしまう。 


何より、俺はこの瞬間を、もうずっと前から夢見ていた。 
「この子とキスなんてできたらな…」 
初恋のように、チャットを追いながらぼんやり考えたりもした。 
それが実現している。 
いい匂いが漂い、たちまち下腹部が熱くなる。 


口づけを繰り返しながら、俺と彼女は互いの体を探りあった。 
服を着た時よりも若干小さく思えたが、高校生とは違う胸の膨らみ。 
細いのにふにふにと掴めるくびれ。 
「むっちり」という表現をしたくなる、瑞々しい肌の太腿。 


それらを揉むように撫でると、彼女はぴくっと敏感に反応した。 
「触り方、やらしいよ…」 
照れ笑いしながら身を捩る彼女を、笑い返しながら押し倒す。 


折り曲げても長い脚を開き、手入れしてある茂みに口をつける。 
鼻の下に柔毛の感触。 
続いて湿った餃子のような舌触り。 
ほんの少し肉臭い。でも俺はこのぐらいが大好きだ。 


舌で、まだ花の芽ほどもない淫核をくすぐる。 
締まった脚がベッドを小さく軋ませる。 
演技かもしれないが、新鮮な反応だった。


潤み慣れているんだろう。 
淫核と肉びらを丹念に舐めていると、わずかに湿ってくる。 
だが割れ目に指をくぐらせた時、彼女は身を強張らせて息を詰めた。 
露骨に痛そうな反応。 


まさか、未経験か? 
そう思い当たり、感激と同時に不安が襲った。 
いや不安の方が大きい。 
「琉希…もしかして、初めて?」 


意を決して聞くと、頭の上でシーツを掴んでいた彼女が俯く。 
「…ごめん…」 
泣きそうな声で謝ることじゃない。 
しかしプレッシャーだ。 


嫁は色んな相手と付き合ってて経験豊富だったから、 
常に俺がリードされるのが基本。 
加藤鷹伝授の知識以外、俺はド素人に近い。 


でも、相手は俺が『既婚』というのを見込んでの事だろう。 
思えば、いつでも彼女は頼りない俺を慕ってくれていた。 
父さんみたい、そう言ってくれた事だってあった。 
応えたい。 


せめて初体験くらい、彼女のいい想い出にしてあげたい。 
俺なんかに大層な任務だとは思ったが。 


「大丈夫、力抜いとき。できるだけ優しぃするし」 
自信がなくても、弱気に見せないのがくそマスターの矜持。 


体勢を入れ替え、互い違いに重なり合う。 
上に被さる柔らかい身体を抱き寄せた。 
細いなりに重さもある、大人の身体。 
興奮からか酔いからか、ほかほかと温かい。 


薄暗い光に浮かぶ側部のラインは、本当に美しかった。 
ただその事を褒めても、それほど嬉しそうな反応はない。 
本当に緊張しているようだ。


つきたての餅のような尻肉を割り、琉希の茂みを開く。 
先程と同じく、いや、より念入りに彼女を潤ませていく。 
どこまでも顔が埋もれそうな柔らかさだ。 
襞の合わさりに舌を差し込み、湿らせる。 
「ふ、ぅ…うっ…ん!」 
舌が奥に届くたび腰が跳ね、歓喜が漏れていた。



その彼女もまた、俺の昂ぶりに舌を這わせはじめる。 
亀頭をちろちろ舐り、筋を擦り、たまにカリ首までを咥えこむ。 
稚拙な頑張りだったが、先端部ばかりを責められるとつらい。 
「もうちょい根元も、頼むわ…」 
今にもイキそうで音を上げると、彼女は全体をぎゅっと握ってきた。 
押し出されるように射精しそうになる。 


彼女も余裕が無かったんだろう。 
「頭…変になりそう」 
俺の物をしごきながら、何度かそう呟いていた。 
指を一本、二本と差し込めるようになると、 
その白い膝ががくがくと笑い始める。 


もたれてええよ。そう声を掛けると、ずしりと重みが増す。 
彼女が堪えていた重さだ。 
ぐったりしながらも健気に支えてたんだな、と感慨深かった。 


それからまた長い時間、俺と彼女の舌はあちこちを這い回った。 
直接性器に当たらなくても、内股や恥骨でも同じくらい感じるようだ。 
反応のいい娘だから、嬲るだけで技術が向上しそうに思える。 
茂み全体が艶光りはじめ、薄く露が頬に垂れてきた。 


「そろそろ、大丈夫だとおもう」 
はぁはぁと荒い息を吐きかけながら怒張を含んでいた顔が、 
こちらを振り向く。 
眉は垂れ下がり、淡い唇も締りが無いが、愛らしい。 


でも、つい数時間前の顔とは、輪郭から何から全く違って見える。 
女は色々な表情があるな・・。 
数秒か数分か見とれてしまい、 
彼女の焦れたような瞳を見て意識が戻る。 


再び向かい合わせになり、寝かせた彼女の両脚に腰を滑り込ませる。 
いくよ、と声を掛けたのに対し、琉希は目で覚悟していた。 
汗ばんだ彼女の太股を押さえ、ゆっくりと腰を沈めていく。 


熱い。 
下半身の前部が蕩けそうなほど、温かさに圧される。 
背中を外界に留めたまま、母胎に還っていく感じだ。 
あれだけ濡らした甲斐あって、中ほどまではすんなりと進む。 


「どう、痛ない?」 
ここでダメならどうしようもないが、一応聞いてみる。 
「まだ大丈夫…。まだ」 
必死にひきつった作り笑いをする彼女。 


暴言を吐かれた後も、モニター前でその表情をするんだろう。 
これからがつらいと、一番よく分かっているはずだ。 


彼女には悪いが、ここからは一気に行った方が痛みが少なくてすむ、 
と何かの本で読んだ気がする。 
俺もじわじわ苦痛を味あわせるよりはいいと思った。 
どちらにせよ、あの子の顔が引き攣るのを見なくてはならない。 
それは心苦しいが。

 
シーツを握りしめる琉希の手のひらに触れ、皺を合わせた。 
「大丈夫や。大丈夫やからな。」 
そんな言葉しか掛けられず、手を強く握り締める。 


「…っ…ぃ… …っ…、……ッ…!!」 
勝気な少女は泣かなかった。 
白い歯を食いしばり、人を和ませる文字を打った腕が戦慄いていた。 
ひとつまたひとつ、子を為す細胞がぶちぶちと死んでいく。 
親父お袋、彼女の御両親、ごめんなさい。 


子供の頃は、処女を奪うという行為に憧れていた。 
好きな子相手なら尚のこと。 
でも俺のような男には、荷が重過ぎる。 
二度としたくない。 


ごめんな。  それが言えなかった。 
とても失礼な気がしたから。 
欲情に似た、でも全く違う興奮を抑えきれず、俺は呆けていた。 
じっと、琉希の苦渋が和らぐのを祈るように見ていた。 
彼女の薄目が開き、ひとつ光る筋がこぼれて唇が動く。 


「入ったねぇ。」 
独り言をつぶやく風に、そう囁く。 
唄うような口調だった。 
「痛ない…いや、その…平気、か?」 
痛くない筈がないのに聞こうとし、しどろもどろになる。 


「…おかげさまで。もうちょと、動いてもえぇよ」 
息を弾ませながら、彼女は俺に笑いかけた。 
実際、俺も引き抜いただけで逝ってしまいそうだ。 
少しだけ、腰を引いてみる。 


腰が抜けるかと思う快感が尾骨にずーんときたが、 
少しすねたような琉希の表情はよく覚えている。 


少しずつ緩急をつけながら腰を打ちつけ、 
鎖骨に首筋に頬に唇に、首の届くあらゆる白肌に吸い付いた。 
「気持ちいいよ、きもちいいよ。。」 
嘘だろうと分かったが、琉希はそう囁きつづける。 


ここへ来ていよいよ、俺は自分が肌を合わせているのが誰なのか、 
本当の意味で自覚しはじめていた。 


長い間、ネットの向こうで共に暮らした相手。 
現実よりも素直な自分で触れあった、第二の人生での初恋相手。 
運良く、現実の彼女は見目麗しかった。 
だが、こうして中身で繋がると関係がない。 


薄っぺらい画面に映ったデフォルトの“琉希”が、 
きつく俺を迎え入れる、暖かな血肉に塗り替えられていく。 

     好きだ   琉希 


俺はその言葉を、背筋を反らせると同時にねじ殺した。 
泣きそうになる。 
この世界で親密になることは、決して許されない。 

俺は、既婚者で、へタレで、チビで、 ギルドの長だ。 




エコナ:でも彼女、男の人と出かけるの慣れてないし。 
    気つかったっていってましたよ。普段通りかな?ってw 
麗音 :mjsk カナリ自然体だったけどな 
エコナ:あ、それとそれと…言っちゃおうかな(ニヤニヤ 
麗音 :な、んあんだよ^^;? 
エコナ:彼女、感激してましたよぉw 「マスターに頼んでよかった」ってww 
麗恩 :・・・・・・・ナッ・・・・・・・ 


あれから数日後。 
急に姿を現さなくなった琉希の相談をするつもりが、思わぬ地雷。 
俺は赤くなった頭を抱える。 
そのまま電源を切ろうとしたとき、チャイムの音が響いた。 
嫁がバタバタと走って出る。 


そして、俺がまたPCに向かった時だ。 
「おぅ、いらっしゃい!!」 
嫁のやけに元気のいい声に、思わず扉を凝視する。 
そこには、さらさらの黒髪と、溌剌とした瞳。 

そして、俺のように真っ赤な顔が覗いていた。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報