(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

息子からのプレゼントはHなバイブ、抱かれて朝まで

サイキ

11232-0032.jpg
先日の連休時、東京から帰省していた息子から帰り際に母の日のプレゼントだよと言って小包を手渡されました。
表装を開けると包の上に、お母さんへとの手紙が入っていました。


「お母さん驚かないで下さい、一人で寂しい時に使用して下さい」
と書かれており、息子からの初めてのプレゼントで嬉しさもあって急いで箱を開けました。


中には、「あなたの夜のお友達“バイブ゛」と書かれ、バイブの基本(構造と動き)と使用法が書いてあり、読んでいるだけで恥ずかしくて顔が赤くなりました。


その夜、お部屋でスイッチをオンにすると先端がクネクネ動き、面白半分にパンツの上から押しつけるようにすると何か変な感じ、気持ち良く、直ぐに濡れてきました。


主人が亡くなってから三年、心の淋しさは有りましたが女の寂しさは感じていませんでした。
三日後、息子からプレゼント見たと電話が入りました。


私が返答に戸惑っていると、使ってみたのと催促され、「え、えーっ」と答えると「気持ち良かったんでしょう?」と言いながら息子は大笑い。
私は、誰にも言えない夜の楽しみが有るようになりました。 


その後今度は、6月末に息子から小包みが届き、箱を開けるとアジアンワンピースと記され、可愛い薄地のミニのワンピースが入っていました。
お盆休みに息子が帰って来た時に「アレ、どうしたの?」と尋ねられた時には、「エーッ」と一瞬、使っているわとは言えず、返答に困りました。


お墓参りを済ませ早めの夕食時、ビールを飲みながら生前の主人との思いで話をしていると悲しくなり泣いてしまいました。
息子がどうしたのと私の側に寄って来てハンカチで涙を拭いてくれました。その時、息子は私を抱きよせるとキスをしてきました。


そのまま横倒しとなり、舌を絡め手の濃厚なキスに身も心も蕩けるようでパンツの中に手が入り、オメコが弄れるているのも気づいてないほどでした。

「お布団に行こうよ」と息子は私を赤ちゃん抱っこしてお部屋へ、「お母さん本物をだよ、いいね」の声にパンツを脱ぎ、仰向けに寝て受け入れました。
三年半ぶり、10時過ぎまで息子の愛に酔いしれ、息子の胸に抱きついて寝ました。
朝、玄関で声が聞こえたとか思うと開ける音がしました。
私は「はーい」と返答はしましたがパジャマが側になく、咄嗟に近くにあったワンピースを来て起きて行きました。


隣のお婆さんが茄子を持ってきてくれたのです。
「あらー、寝てたの?」と聞かれ、とても恥ずかしかったんです。
息子が帰った翌日、隣のお婆さんがやって来て、
「皐月さんは、若いわね。この間のワンピース似合ってたわ。透けて見えてたわよ」と大笑いされました。
お婆さんは私の親代わりのような人で、私は困ると何でも相談しています。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報