(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

離婚した母が最愛の息子と禁断の世界に

サイキ

img0004-5.jpg 

  中3の息子が最近オナ二ーをしてるようでゴミ箱の中には丸めたティシュがたくさんありました。
べットのマットの下にエロ本が隠されていて母親と息子との相姦物ばかりでした。
まだまだ子供だと思っていたのですがそんな歳頃になっていたんですね。夫がいれば相談できたのですが昨年離婚したばかりでそうもいきません。
ただ見てたエロ本の内容が母子相姦物だったのが気がかりでした。
あの子もそんな願望があるのかと思うと内心複雑です。
そう言えば私がお風呂に入ってる時に何か視線を感じてました。覗いているのでしょうか。
色々な事を想像してしまいます。強◯や同級生を犯して妊娠させるとか不吉な事ばかり考えてしまいました。
犯罪に走るより私の肉体で不満を解消できればいいのかな、などと思ってしまいました。
息子がお風呂に入っている時
「真治君、お母さんも一緒に入ってもいい?」
「えっ何!言ってんだよ」
「真治君の身体を洗ってあげたいのよ」
「いいよ自分で洗うから」
ここで引きさがってはと思い
「入るわよ」と強引に入りました。
慌てて湯船に飛び込む息子が
「どうしたんだよ」
「どうって前は良く一緒に入ってたじゃないの」
「何年前の事だよ」
「いいから、真治君が洗わしてくれないのならお母さんの体を洗ってよ」
「もう・・・」しぶしぶ湯船から出て私の前に座りました。
肉棒は勃起していてお腹にくっつきそうでした。
久し振りに見た肉棒ですが前夫の物より少し小さいようでしたがそれなりに立派でした。
「真治君ももう立派な大人になったんだねお母さんとっても嬉しいわ」
「どうしたんだい今日のお母さん変だよ」
「お母さんね一大決心したの」
「一大決心て?」
「驚かないでね」
「聞いてみないと何とも言えないよ」
「いい!良く聞いてね」
「うん」
「真治君の童貞をお母さんが頂くの」
「・・・それって」
「そう真治君のおちんちんをお母さんの中に入れるのよ」
「マジかよ」
「いやなの」
「いやな訳ないじゃん」
「そうよかったわ、女性の性器見た事あるの?」
「無いよ本物は」
「じゃこれがクリトリスでここがオ◯ッコがでる穴でその下のここがおちんちんを入れるとこよ」
「うんわかったけどオッパイ揉んだり吸ってもいい?」
「いいわよ好きなようにして」
「じゃまず性器舐めさせてよ」
息子の激しい愛撫が始まりました。
私も息子の肉棒をお口で堪能しました。
息子の精液も美味しく頂ました。
これから禁断の世界に突入しました。

母子相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報