(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

出会い系でドタキャン人妻に中出ししまくり!

サイキ

123-2689.jpg 

  出会い系で知り合ったサクラ(29才)に中出ししました。
1年前に知り合ったけど、あったのは2度ほど。
というのは、彼女は約束してもドタキャンばかりする女でした。
そんな訳で年末の大掃除ってコトで「もうメールするなよ!」とメールし、メールも電話も着信拒否。
すると、拒否できないショートメールで「最後のチャンスをください」と返信がありました。
最後のチャンスを与え、待ち合わせ場所でサクラを車に乗せ、会話もソコソコにホテルへGO!
今まで2度会いましたが、キス止まりの関係でガマンしていた私のチンチンはギンギン!
部屋へ入るなり押し倒し、ディープキスをしながら、全身を愛撫。
「どうせ、捨てるつもりの女だから」と私はギンギンチンチンを取り出し強制フェラ!
サクラの口を無理やりこじ開け、チンチンをディープスローの出し入れ。
サクラはなんとかチンチンを吐き出そうしますが、頭を押さえ付け、さらに加速!
それなりに征服できた悦びを感じたので、マンコ挿入に移行。
スカートをまくり、パンツをずらし、亀頭をサクラの膣の入り口でグリグリ。
サクラのマンコは濡れてなかったし、和姦とは言え、半分レ◯プみたいな状況に当然サクラは腰をよじって逃げようとしますが、男の力にはかなう訳ありません。
サクラの足を大きく広げ、人妻マンコ挿入開始!
サクラは
「イヤ~!抜いて抜いて!ダメ!!!!」と涙を流していましたがここまでやって、やめたら私がギンギンのムスコに怒られます(笑)
メリメリと膣にチンチンを押し入れ、奥まで貫通完了!
そこで一息ついて、サクラの涙を舐めた後にディープキス。
オッパイをあらわにして愛撫を開始すると同時に少しずつチンチンをピストン。
サクラの愛液が少しずつ私のチンチンを濡らし始め、徐々に滑らかに動けるようになり膣壁が吸い付くようになりました。
子供はいないと言っていたので、ダンナにガバガバやられている割には、なかなかの名器。
「あ~、いいよ!ダンナのよりデカイ!気持ち良い!!」とさっきの涙がウソのようにサクラは感じてくれています。
私は「捨てるの勿体ないかなぁ」なんて思いながら、膣に向けてチンチンを出し入れ。
程なく射精したくなったので一週間溜めた精子を発射!
「え~???中に出したの?」とサクラは目を大きく開き、戸惑っていました(笑)
チンチンを抜いてやるとサクラは、そそくさと服を脱ぎ、風呂場へ行ってしまいました。
その間、サクラの携帯をイタズラしダンナの携帯、会社、自宅の番号を入手。
風呂に行き、一生懸命アソコを洗っているサクラを後ろから抱き絞め、風呂場で強制フェラ第2段!
残っていた精子を飲んだのか、サクラは「ゲホゲホ!」とむせてました。
それでも構わずフェラを強行し、口射!
「ゲホ!ゴホ!ウェッ!」とサクラは吐き出してしまいました。
「もう許して・・・帰りたい・・・」とお願いされましたが、ホテルのフリータイム終了ギリギリまで、膣にチンチンを埋め込み、嫌がるサクラを犯し続けました。
当然シメは中出し(笑)
逆流も拝見して、大変に満足でした。
帰りの際、血液型がダンナと同じだと言う事を確認したサクラは流石に私の車には乗らず、部屋から逃げるように出ていきました。
その後、頃合いを見計らって自宅に電話してやったらビックリしてました。ダンナの携帯と会社の番号を言ってあげると無言でした。
そして私は「また電話するね(笑)」と言い電話を切りました。
今まで1年間のドタキャン分をこれから回収するつもりです!

出会い系でエッチに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報