(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

娘とのセックスを近親相姦の姉に告白

サイキ

img2-1082.jpg 

  姉と私、今、興奮状態が終わり、
全裸で秘所にテッシュペーパーを挟んだ
姉が横になり、
「ねぇ俊ちゃんさ
、あなた美鈴ちゃんとは、何もないでしょうね、
どうなの」美鈴は、私の娘です、
私が黙っていると「えっーあるのもしかして、
あなた何人と、マーちゃん、美鈴ちゃん、
当然佐知代さんは奥さんだからいいわよね、
 でもね、自分の娘と、
大問題よ呆れたわ」娘とは、訳があり、
妻も知っていることなんです、
娘は最初妻に相談したそうです、
高校二年生の時です、
女のこ同士で集まると、
あの娘と三年生のイケメンの
あの人と出来たそうよとか、
私も体験したの、
最初少し痛かったけど、
だんだん良くなるのとか、
私今月まだ来ないのなど、
異性との話がよく出るそうです、
私の娘はまだそのような経験がないので、
話の中に入れず蚊帳の外なんだと、
妻の前で泣くんだそうです、
妻が「あなただって、素敵よ、
元気だし明るく綺麗なんだから、
身近に好きなタイプの人いないの」
このようなことを聞いたそうですが、
暫く黙っていたようで、そのうち、
「私、パパのような人が好きなの、
優しいし、男っぽいし、
ねえーママパパに抱いてもらちゃダメ」
さすがに吃驚したそうです
「何を言うのあなたのお父さんよ、
出来るわけないでしょう」  
「ウン分かった、私結婚なんかしない、
何時までもパパのそばにいるだけで良いわ、
ママ良いでしょう」私も吃驚です、
こんなことが何回か有って、
妻ともじっくり相談し、
ある土曜日の朝「美鈴今晩、
ママが出かけるので、
夜パパが美鈴の部屋に行くからね」
と言って出勤しました  
長くなりそうなのでまた報告します。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報