(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

体験談系サイトの更新情報

巨根のスキューバーダイビングのインストラクターのトリコ

サイキ

918-2-0691.jpg 

  私は大学生4年生です。
今はスキューバーダイビングに熱中しています。
見渡すかぎり誰もいない海底でのセックスはもうサイコーですよ。
そんな私のセックスフレンドはYさんという
ダイビングのインストラクター
私が連休を利用して
ライセンス取得の合宿旅行に参加したとき、知り合った人です。
初対面の印象は「ヤニ下がったスケベ男」。
もう女のコと見ればべたべたくっついてくるし、
すぐにスケベな話するし。
それも1対1ならともかく、みんながいるときにされたら、
女のコはどうしていいか困るんですよ。
ところが、初日の夕方、
講習が終わって海から上がったときのことです。
サイズの合わないウェットスーツを買ってしまったせいで、
スーツがぴっちりと肌にはりついて、
どうしても脱げなくなってしまったんです。
「えー、どうしよう・・・」とかあせっても脱げないし、
だいたい潜ったあとだから、
疲れきって腕力がなくなってるんですね。
そのうち他のみんなは宿に帰っちゃうし、
私もとりあえずこのまま帰るしかないかなって
途方にくれてたんです。
その時「しょうがねえなぁ、手伝うよ」と、
声をかけてくれたのが、器材片付け終わってやってきたYさん。
Yさんは、なんだかドキドキしている私を
「真水に濡らすと脱ぎやすいから」と浜のシャワー小屋に連れていき、
頭から冷たいシャワーを浴びさせて
「自分で脱いでみ。コツをつかめばすぐ脱げるから」と、
笑って見ててくれました。
でもどうやってもダメ。
そのうちYさんが手伝ってくれたんだけど、
ものすごい力でぐいっ、ぐいっと脱がせて、
やっと腕が抜けただけ・・・みたいな状態。
「おまえ、こりゃないよ。ひとサイズ上に買い替えるっきゃないぜ」と、
Yさんがエリ首のところを両手でつかみ、ぐっと引き下ろしました。
ところが、ウェットスーツは裏返るのではなく、
ずずずっと下へずれたので、
下に着ていた私のビキニのパンツまでずるずると下がりました。
・・・Yさんの目は私のアソコに釘づけ。
そう毛どころか、アソコのふくらみが完全に丸出しだったんです。
「なによ!信じらんない!!」
私はアソコを両手でおさえ、じゃがみ込んでしまいました。
私もYさんも、頭からシャワー浴びたままボーゼン。
そしたらYさんが「俺、おまえのマンコ、もろに見ちゃったしさ。
こうなったらヤッちゃったほうが恥ずかしくないんじゃないか」
って、言ったんです。そしてYさんにスノコの上に倒され、
シャワーをザーザー浴びながら
アソコを温かい舌でべろべろとなめられました。
すごく気持ちがよくて、私もYさんの足に抱きつき、
気がついたときには69に・・・。
Yさんのが20センチ近くもあるので死ぬほどびっくりしました。
そして正常位で挿入され、中に入れたままバックに・・・。
2人の初体験は野外セックス
もう子宮まで快感がズンズンきて、私オ◯ッコもらしちゃったのです。
それからもうYさん(のアレ)のトリコ。
体が離れられない私です。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply