(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、息子のような相談相手と・・・

サイキ

0819-0837.jpg  

 私は民間の電話相談員をしておりました。
当時54歳で、持て余していた暇を相談員の
仕事に費やすことにしました。
内容は熟年世代の家庭や夫婦関係など、
さまざまな話を聞いてうっぷんを晴らしてあげるものです。
というのは表向きで、同世代から80代男性の性的な
お話し相手という方が多かったと思います。
ある日、電話を受けると明らかに「男の子」
という年代層の男性から電話がありました。
年齢を聞くと27歳で、あえて熟年電話相談室に
電話をかけたといっていました。
私の息子も同じくらいの歳だったので、
50代や60代の女性と話がしたいという要望には驚きました。
名前はY君といいました。マザコンだったそうですが、
とある事情から離れ離れで暮らしているそうです。
夕飯の支度をしている側に寄ってはお話をしたり、
髪の毛を触ったり、体を触ったときもあったそうです。
私の息子も甘えてきたことがあったので、
何か親近感のようなものを覚えました。
Y君はお母さんの肩を揉んであげたり、
誕生日にはプレゼントをあげるやさしい男の子だそうです。
時にはエスカレートしてお尻を触ると叱られた、といいました。
私は彼のことが息子のようで、かわいくて仕方なくなり、
親身に話に聞き入っていました。
私は「いっしょに寝たこともあるの?」と聞くと
「はい」と答えました。
お父さんがいないときはさみしくて一緒に寝るそうです。
Y君のお母さんがうらやましく思いました。
続いて「まさか、お風呂に入ったなんてことないよね」と
聞くと「入りました」と答えました。
「高校生になってからお母さんが出ていったなら、
高校1年くらいまで入っていたのよね。
なんていうのかな…ムラムラというか、
エッチな気分にならなかった?」と聞くと
「はい。お母さんの前でおちんちんが固く
なっちゃったこともありました」と答えてくれました。
率直に聞きました。「お母さんとセックスっていうか、
エッチなことしたことはある?」
Y君は「はい。一緒に寝ている時、お母さんが
おちんちんをしごいてくれました」と言いました。
「お風呂に入った時はなめてくれた。
はじめてのときはベッドの中でお母さんが
上に乗ってきた」と言いました。
私はY君と息子を重ね合わせていました。
息子と関係を持つことを望んでいましたが、
踏み込むことが出来なかったからです。
私はY君と会う約束を取りました。
もちろん、女としてではなく相談員としてという
表向きの話でです。
ファミレスで話してから場所を移すといって、
県立公園の駐車場に車を走らせました。
公園はひとけがなく、男の子を誘惑するのには
ちょうどよかったのです。
Y君はあっさり受け入れてくれました。
お母さんに甘えたかったようで、
息子のように甘えてくれました。
それから、家で会ったり、ホテルで会いました。
彼と遭うようになって1年目のことです。
私は彼を義理の息子として受け入れました。
法的なものは何もありませんが、
「お母さん」という言葉とともに、
私に中出ししてくれました。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報