(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、エッチな下着の高揚感のせいか旦那以外のヒトと激しいセックスしちゃった告白体験談

サイキ



某地区のベッドタウンにある団地に住んでいる結婚後セックスレスになった32歳人妻です。

狭い間取りの為、寝室は子供たちと一緒にしているのと、子供たちも少し色々と分かってくる年齢になってきたので、もう3~4年は旦那とのエッチもありません。

ある日、子供たちを見送った後にお邪魔になった近所の同年代の奥様の家に何人かでお邪魔しました。
その時、夜の生活の話になりました。

私はレスであることを特に気にはしていなかったんですが、その奥さんは同年代のお子さんを持っているのにも関わらず、いまでも旦那さんとのラブラブタイムは月1回はあるということを聞いて少し興味を持ちました。

その秘訣としては、特別な日は朝からセクシーな下着を身に着ける事だそうで、その話の流れでその奥さんが訪問販売をしているというちょっとエッチな下着を見せてもらうことになりました。

いくつか見せてもらうとかなりキワドイエッチな下着がたくさんありました。
全面レースでスケスケのモノとか、布地が無くてほとんどヒモみたいなパンツとか、大事なところに穴が開いている下着とか、エッチするように作られた様な派手な下着ばかりでした。
私は元々普通の色か白の下着しか身に着けたこともないぐらい、普通の下着しか持っていなかったのですが、そこの奥さんの話を聞きながら興味がだんだん出てきたので、その奥さんに勧められるままいくつか購入しました。

「こういうの付けると心も晴れやかになるし、旦那さんも見つけたら絶対興奮して手が付けられなくなるから、一回付けてみたらいいわよ」

と、言われましたので帰って早速試着してみました。
買った中でも一番セクシーな感じの下着のセットを着てみたのですが、思ったより似合っていてすごくエッチな感じでとてもいい感じでした。
しかも何かウキウキして晴れやかな気持ちにもなれましたし、少し若返った気さえするようになったので、その日以来ちょくちょくその下着を着て生活することにしました。
いつか旦那に見つかって、激しく求められるようなことをちょっと期待もしながら。


ある日、私が一人でいる時間に玄関のチャイムが鳴りました。
玄関を開けてみると、階下の旦那さんのKさんでした。
ふと手元を見てみると、何やら女性の下着の様なものを持っていました。

「さっき、上から飛んできましたよ」

と、言われよく見てみると、最近私がお気に入りで何度か履いているエッチなパンティでした。
ハッとして、その手から下着を奪い取った時に、頭に血が上り突然の恥ずかしさで気が遠くなってしまってその場に倒れ込んでしまいました。
その場面までは覚えているのですが、その後はどうなったのか記憶もありません。

次に記憶を取り戻した時には、自宅のベッドに横になっており、先ほどのKさんがそばにいました。

卒倒したので、旦那さんは介抱していてくれたのだとは思うのですが、家に上がり込んでいて二人っきりの状態でした。

「奥さん、思ったよりセクシーな下着を履いているんですね」

と、Kさんに言われたとき、先ほどの出来事を思い出し、また恥ずかしさで気が遠くなりそうでした。

その嫌がらない姿を見て、Kさんの行動は少しずつエスカレートしてきます。

「奥さんは普段からこんなエッチなパンティを付けているんですか?」

と言い、私のスカートを少しめくりパンティを見られました。

「きゃっ!」

と、私も驚いて声を出してはしまいましたが、何故かそれ以上の抵抗が出来ず、Kさんはそのまま指先でアソコを撫でました。
パンティの上からクリを撫でられて、ちょっと感じてしまいました。

元々、セクシーな下着をつける様になってから日々ちょっとエッチな気分になっている分、少し濡れやすくなっていたのですが、Kさんにそれを気付かれてしまいました。

「奥さん、ちょっと下着が湿ってますよ。感じて濡れちゃいましたか?」

それを言われたとき、頭が真っ白になりかけて、気が遠くなりかけました。

そのせいで抵抗できなかったのもありますが、Kさんはもっと積極的になり、ワンピースを脱がされ、ブラをずらして乳首をペロッとしました。
おっぱいを舐められた瞬間に何かが私の中で弾けてしまいました。

そのままパンティを脱がされ、クンニされました。
微妙な舌遣いで、執拗にクリ責めされ、もう相手が誰でも快楽だけに身を投じてしまいました。

2~3年ぶりのエッチと下着の件、羞恥心から私も激しく感じてしまいもう自分から求めてしまうぐらいになってしまいました。

それを見計らってかのタイミングでKさんは遂に挿入してきました。
久しぶりに感じる脈打ってアツい男の人のアレを子宮に感じながら、騎乗位で突き上げられたりバックから突き刺されたり、激しくセックスしました。
最後はさすがに生中出しはマズいと、Kさんの精子を口で受け止めました。
これまで一回もやったこともないお掃除フェラまでしてしまいました。

旦那にセクシー下着を着けているのを見つけられてのエッチな展開を少し期待していたのに、それは叶わず人のモノになってしまった背徳感と今まで感じたことがない快感は、Kさんとの2人だけの秘密の話です。



人妻の浮気に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報