(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、父と兄に犯され続けています

サイキ



今年も父と兄がいる実家へ帰ってきました。

今は結婚をして実家から離れたところで主人と3歳の子供と住んでいます。

私が15歳の頃、部活で遅くなった私を母が車で迎えに来る途中、事故に遭い母が亡くなりました。

その頃から大人しかった父がお酒を飲むようになり、1年が経ったころ私は父によって犯されてしまったのです。

そのとき兄は部活の合宿で不在で、

「お前が早く帰ってきたら、お母さんは迎えに行かず事故にも会わなかったんだ。」

と私を攻め始めました。
私も母の事故以来そのことを思うようになり、父には抵抗できないようになりました。
父は兄に隠れて私と関係を持つようになり、1年半が経ったころ私が妊娠し兄にばれてしまったのです。

もうその頃になると兄も勤めだしていて、すぐに下ろしました。

兄は私を父と一緒においておけないと家を出て、私と一緒に暮らし始めました。

しかし、今度は兄と関係が出来てしまい、私は毎晩兄に抱かれる生活になってしまいました。

さらに、兄が勤める会社がつぶれてしまい、生活に困った私と兄は実家に帰って行ったのです。

そして実家に帰ってからは兄と父に抱かれるようになってしまいました。

ちゃんと薬を飲んで妊娠の心配は無くなりましたが、兄と父の間に寝かされ毎晩二人に攻められ私も感じてしまう生活になっていったのです。

しばらくして今の主人と出会い、付き合い結婚をしたのですが、その間も私は父と兄に抱かれていました。

結婚し、どうしても主人の子供が欲しくて薬を飲むのをやめましたが、父と兄に話しても聞いて貰える筈も無く、私の中に射精していくのです。

しばらくして妊娠したものの、誰の子供か分からないまま主人の転勤で父と兄とは別れてしまいました。

しばらく主人と子供と私、楽しい団欒が続いたのですが、主人が仕事のストレスから勃起障害を起こしてしまい、

私は何かと理由をつけては実家に帰り、父と兄に抱かれるようになったのです。

このお正月には4日間実家に帰っていました。

帰った夜から子供を寝かしつけると父と兄が待つ部屋に行き、そこは今父の部屋になっていましたがちゃんと昔のように

大きな布団に枕が3つ用意してありました。

私は真ん中に寝かされ、左右から父と兄の手が伸びてきて二人に攻め立てられるのです。

今でも性欲だけは現役の父、父の物が私の中に入ってきたときはつい、

「ああ、、これが欲しかった。」と大きな声で本音を言ってしまうのです。

夜は二人に、お昼は子供がいるので父か兄、どちらかが子供を外へ連れ出し、家にいるもの同士裸になって抱き合っています。

そして終わる頃帰ってきて交代で私を抱くのです。

そして夜は夜でまた3人で、という生活がさすがに4日も続くと、しばらくは抱かれなくてもいいと、主人の元へ帰っていきました。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報