(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、義兄の居ぬ間に…筆おろしから3日間ヤりまくりの告白体験談

サイキ




学生時代に経験した姉との童貞喪失の話になります。

姉は結婚して3年たつけど まだ子供がいないから暇があるようで「家に遊びにおいで」と誘われたので1週間ほど遊びに行きました。

好物ばかりを準備してくれたその日の夕食は義兄と3人でとりました。
その食後、俺はリビングでテレビ見ており、姉はキッチンで後片付けの食器を洗っていました。

ふと振り向いてキッチンを見てみると義兄が姉のそばに立って何かしています。
最初は片付けの手伝いをしているのかとも思いましたが、よく見てみると右手を姉のお尻に当てて撫でるような仕草をしていました。

何をしているかなんとなくわかったので、あまり見てはいけないと思い、俺は顔をテレビの方にそむけました。
たけどやっぱり気になってしまって、そっと2人の方を見てみると、義兄の手はお尻の割れ目の下の方を撫でている感じで、姉はその手を避けるような素振りでお尻を揺らしています。

それを見ていて俺も勃起し少し興奮していました。
 
その時、姉が俺が見ている事に気付いたのか分かりませんが「Sちゃん、もう寝さいよ」と声をかけてきたので、慌ててテレビの方に顔を向け「ハーイ」返事をし、そのまま寝室へと行った。

部屋に入っても興奮が収まらない俺はオナニーしました。 
さっきの姉のお尻をくねらすシーンを思い浮かべながらやったので、勢いよく射精をしました。

そのまま落ち着いて寝てしまったので、どれぐらいの時間が経っていたかは分かりませんが、目が覚めてトイレに行った。

その時、

「勘弁して…ごめんなさい…」

と姉の声がどこかから聞こえました。 
とっさに姉が義兄にいじめられているのかと思い、声のする方にそっと行ってみました。

姉の声がする部屋の襖の間から中を覗くと、スタンドの明りだけが点いた中、姉が全裸で寝転んでおり、その姉の股間の茂みの所を義兄がペロペロと舐めている。

「うぅ…イ、イイ…あなた、もうダメ…許して…」

「そんなにイイのか?」

「あぁぁぁ……イ、イイ…」

「じゃあ最後の仕上げだ」

といって義兄が黒いディルドかバイブのような物をとりだし、それを姉の股間に突き刺す。

「ああぁぁ……」

「どうだ?イイか?」

「イイ…」

「イイのならイケよ?」

「あぁ…もう、何度もイッてるの……」

「さぁ!イケ!」

というやり取りをしながらスイッチを入れると、かすかな電動の唸りが聞えてきた。

「あなた…ダメ…イク……イキます…イ……ク……」と言いながら、自分でおっぱいを揉んでいた両手が力なくだらりとなった。

そこまで見ていると、俺のチンコもまた勃起した。

このやりとりを見ている限り、義兄はどうやらインポでSEXが出来ないようだ。
姉夫婦に子供が出来ない理由に悟り、姉がかわいそうだなと思いながらその夜は寝ました。

その2日後、義兄は3日間の出張に出かけました。

その日の晩「姉ちゃん今夜一緒に寝よか」と言ってみました。
姉は少し考えた後に「いいわよ」と返事をくれ、そのまま同じ部屋で寝ることになりました。

「子供の頃よく一緒にこうして寝たわねえ」

「そうだったなー」

とか、他愛もない会話をしていたら、その内に姉ちゃんはイビキをかいて寝てしまいました。
俺は2日前の事を思い出してしまい興奮してどうも眠れず、下半身裸になり勃起したチンコを姉の太ももにそっと押し付ける。
その気持ち良さに理性が飛んだ俺は、パジャマの裾から手を入れ、下着の上から指で姉の股間の茂みを撫でながら手をだんだんと奥の方に滑り込ませてみた。
茂みの下の方の中央にくぼみを見つけた。ここにあの太い棒が刺さったのか思いながら、そのくぼみを押してみたりした。
その時、ふいに姉の手が動いて俺のチンコを握ってきた。

寝ていると思っていた姉が起きている…?
分からぬままドキドキしながら、とりあえずじっと動かずにいるとチンコの握りを強めたり、撫でるような仕草をしだした。

そんなコトをされると、俺のチンコはもう爆発寸前。
辛抱できなくなり、茂みの窪みをもう一度押してみた。

その時、姉が「あなた…」言ったと思ったら、くぼみを押さえていた指がだんだんと濡れて来た。
「姉ちゃん気持ち良くなってきてる」そう思った瞬間、思い切って姉の下着の横から指をくぼみに挿入してみた。
 
濡れているせいか指がスンナリくぼみに入り、少し動かしてみたら姉があえぎ、
「あぁっ!イイ…」と小さく叫んだ時に姉がチンコを強く握り締めた。

ついに爆発してしまった…
同時に姉も目が覚め、

「Sちゃん。どうゆうこと?」

「ごめん。我慢できなくて」

しばらく沈黙の時間が続いたが、

「Sちゃんも、もう大人ね。さぁー起きて汚れている物を脱ぎな!!」

起きてパジャマを脱ぎ、裸になりシーツも取る。
姉もパンツを脱いだようだ。
それを想像してしまって、俺のチンコは爆発したにも関わらず、いきり立っている。
 
それを見て

「Sちゃん、元気がいいね。もう一度出してあげようか?」

「姉ちゃんやってくれるの」

姉は黙ってチンコを握ってしごいてくれた。

「あああぁぁぁ…姉ちゃん出ちゃうよ…」

「いいよ!出しなさい。」

その声を聞いてドピュドピュと2回目の射精をした。
姉はその精液を、さっき取った汚れたシーツで受け止めてくれた。

「さっき出したばかりなのに沢山出したね」

「うん…気持ちよかった」

姉がそのシーツでチンコを綺麗にしてくれた。
でもその刺激でチンコはまた脈を打って上を向いてビクビクしている。

「姉ちゃん もう一回だけ」

「しょうがないねえ もう一回だけよ」

と言って握ってくれた

「Sちゃんの…大きいね…」

「アアァ…気持ちいい…姉ちゃんごめん」

と言って姉に覆いかぶさり、姉の乳首を吸いながら

「また出ちゃうよ!」

「Sちゃんダメ!まだよ、Sちゃんはしたことあるの?」

「ない。でももう我慢できないんだ」

姉は体を入れ替えて、上になり、チンコを握って自分のくぼみにあてがい腰を落とした。
挿入った瞬間、ヌルっとした感じがした。

「Sちゃんのが、私の中に入っちゃった」

「気持ちいい、姉ちゃん出ちゃうよ!」

「もうちょっと辛抱して」

と言って腰を上下左右にグラインドした。

しかし、もう我慢できるわけがない俺は

「ダメだ 出ちゃう」 

姉の中に大量の精液を流し込んだ時に、姉は一声「イク…」言って俺の上に倒れてきた。

貴重な経験をしたと思いながら、そのまま乳首を吸っていると姉は

「ごめんね。姉さんが初めての女で…」

「姉さんでよかったよ」

「Sちゃん…まだできる?」

「うん!まだ2回でも、3回でもw」

「本当に!?うれしいー夫とはもう2年も挿入れてもらってないのよ…今度はSちゃんが上になって」

おっぱいを揉みながらチンコをオマンコに抜き差しするとグッチョ、グッチョとゼリーをかき混ぜるような異様な音がする。
先に出した俺の精液と姉の愛液の入り混じった白濁液がオマンコから流れて出てくる。

「またイキそうだよ!」

「待って…今度は後ろからして…」

と、動物の交尾の様な形になった。

教えてもらう通りに、姉の腰を抱えて大きく、深く、浅く抜き差しすると

「Sちゃん、もうダメ!イッちゃう…」

「イク…きて…そのまま奥に出して!」

「姉ちゃん出すよ」奥に深く突き刺しながら4回目の射精をした。

その日はそれから何度やったかわからない。
目が覚めたら次の日の午後2時だった。
 
シャワーを浴びていたら姉も起きてきて一緒に浴室に入ってきた。
さらに姉にチンコを握られてオマンコに入れられた。
食事後もまた絡み合った。
結局義兄が帰ってくるまで3日間、昼夜関係なくどちらかともなく求めあった。

あれから5年になるが姉との関係はまだ続いている。
義兄が姉を悦ばす事が出来ない限りは、この関係は続くのかもしれない。

兄妹姉弟に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報