(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

乱交体験、プールでオナニー見られて犯されて②

サイキ

 konyoku.jpg

こうして、メンバーのほとんどが私の口を犯し終わった頃、
とうとう挿入のときがやってきました。
仰向けになり、股を広げ、マンぐり返しの格好になった私のおまんこに、
男の人のおちんちんが入ってきます。

私「あんっ、おちんちん、気持ちいいです。もっと、もっと動いてください!」
男性「んー、もうちょっとエロいこといって。それなら動いてあげる」
私「私のいやらしいおまんこを、そのおちんちんでいじめてください!
私のおまんこに、ザーメンたくさん中出ししてください!」

そういうと、彼は思いっきり腰を振り始めました。
私「ああんっ、ああっはっああんっ、気持ちいい、気持ちいですっ」


高校の頃は、コンドームをつけていたので、
生のおちんちんは、これが初めてでした。
初めての生おちんちんは、想像以上に気持ちのいいもので
高校時代、避妊だとかいって生でしなかったのが馬鹿らしく思えてきました。

そしてしばらくして、彼は私の中で射精しました。

おまんこの奥に、熱いものが出てるのがわかり、とても心地の良い気分になれました。
彼がおちんちんを抜くと、すぐに別の人がおちんちんを入れてきました。
しかし、相手にする人数はまだまだたくさんいます。

そこで私は、あることを思いつきました。
私「あの、もし嫌じゃなければ、お尻の穴使ってください」
これにはさすがのみなさんもびっくりしていましたが、
私は、高校の頃、アナルセックスも経験していたので大丈夫だといい、
アナルを使ってもらうように頼みました。
人数が多いので、前と後ろに同時に入れてのセックスです。

私「あっあっあっあふっああんっあああっ!!! 
おちんちん、気持ちいの、もっと、もっとぉ」
もう私は、約束のことはどうでもよくなってました。
今はただ、みんなに犯して貰いたくて腰をふるのが精一杯でした。

男性「なら、エロいこといってよ、変態さん」
私「そう、私は、変態さんです。裸で泳ぐのが大好きな変態さんです。」
男性「そうそう。そんな変態さんにはお仕置きだ」
私「お仕置き、いっぱいしてください。いっぱいいっぱいいじめてください」
我ながらとてつもなく恥ずかしいことをいっていると思いました。

でも、言葉にすればするほど、快感が全身を駆け上って、
さらに私をエッチな気分にさせるんです。
「ああんっあっあっ、中に、中にください、お願いします、中に出してください!」
「は……あひ……ま、またイっちゃいました……」
「やだ、抜かないでください、中に出して、私を妊娠させてください!」

「ああ、イく、またイっちゃう、イっちゃいますぅ!」
交代ずつ、私はみなさんに犯されました。
もう、ただ気持ちよくなることで、頭がいっぱいでした。
このときは、本気で赤ちゃんができてもいいとさえ思ってたんです。

私「あ……はぁ、はぁ、あっ……んぅ……」
全員終わったのか、私を犯す人はいなくなりました。
私のほうは、何度もイったせいか、体中の力が抜け、立つことも出来ませんでした。
私「あの……これで、約束守ってくれますよね……」
男性A「悪いけど、まだ無理だね。

これから、俺たちの奴隷になってくれるなら、考えてあげてもいいよ」
私「奴隷……? ……いいですよ。なります、奴隷」
男性A「なら、奴隷の儀式だ」
そういうと、彼は私の口におちんちんを押し込んできました。

またフェラチオでもさせられるのかと思い、
おちんちんを舐めると、なんだか生暖かいものが。
それは、彼のおしっこでした。
一瞬びっくりしましたが、これが、奴隷になる儀式だと気付き、
抵抗するのをやめ、彼のおしっこを飲むことに集中しました。

気がつくとわたしは、自分から彼の腰に腕を回し、
必死になっておしっこを飲んでいました。
おしっこ自体は別においしいものではありません。
ただ、おしっこを飲むという異常な行為が、私を興奮させていました。

おしっこを終え、おちんちんを抜いた彼は私に質問をしてきました。
男性A「あとのメンバーのおしっこ、全員のを飲むのと、
みんなにおしっこ体中にかけられるの、どっちがいい?」
私は、身体にかけてもらうほうを選びました。

口に出されただけでも興奮してしまったのに、体中にかけられたら、
いったいどうなるか怖いながらも興味がありました。
わたしは大の字に寝かされると、いっせいにおしっこをかけられました。

顔を、胸を、脚を、いろんなところを、生暖かい液体が流れていきました。
さすがに全員一緒は無理なので、交代で私におしっこをかけられました。
時折うつぶせにさせられ、背中やお尻にもおしっこをかけられました。
このとき私は、とてもうれしい気持ちでいっぱいでした。

おしっこをかけられて気持ちよくなっていたのもありますが、
たくさんの男の人に犯してもらうのが、
こんなに気持ちのいいことだとは知らなかったので、とても幸せな気分でした。


次のスイミングクラブの日から、私は水着を持ってこなくなりました。
みんな知っているので、裸で泳ぐことを隠す必要もないと思ったからです。
それに、エッチをするのに、水着を着ていても邪魔なだけだからです。

今も私は、スイミングクラブに行くたびに、みなさんに犯してもらってます。
奴隷になれというのは、私に、好きなときにエッチさせろというものでした。
もちろん私は、大喜びで奴隷を努めさせてもらってます。

結局私の秘密は、もっと大勢の人に犯してもらうために、
自分からバラしてしまいました。
最初はコンドームを持ってくる人もいましたが、
中出しが病みつきになった私は、コンドームを禁止し、
エッチの時は必ず中出ししてもらうようにしています。

さらには、いつのまにか私の口はみなさんの便所代わりになっていて、
おしっこをするときは、私の口に出すのが決まりになっています。
私は、おしっこを飲むのは大好きになってるので、
喜んでみなさんのおしっこを飲ませていただいてます。

生理中や、危険日が重なった時は、水泳教室は休みますし、
誰にも会わないようにしていますが、
もしも危険日に出されたらと思うと、興奮が止まりません。

ちょうど今度の危険日と、スイミングスクールの日が重なります。
その日私は、みなさんに危険日だということを明かし、
私を本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと頼むつもりです。

もしも妊娠したらと、今から期待で胸が一杯です。
本当は、妊娠したくて仕方ありません。
今度はどんな快感が得られるのか、楽しみで楽しみで仕方ないのです。

奔放なSEXに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報