(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、男をむさぼる人妻に無理矢理中出しエッチ

サイキ



出会い系サイトで知り合った27歳の人妻とのセックス体験の話です。

パートナーとは特に悪くない夫婦関係を続けてはいるが、一回出会い系サイトで男性と出会ってパートナーとのSEXとは違う快感を覚えた身体は、新たなる快感を求めてパートナーに隠れて男を貪り喰っているらしい。
詳しい人数を聞いてみると、俺で既に10人目w

結婚するまではパートナー以外の男の味を知らなかったからか、遊んでいるペースは半端なかった。
俺と会った時も、彼女の方から即ホテルへ誘うぐらいだった。

部屋に入ると同時にぐらい荷物を置く間もないぐらいの速さで自ら舌を絡ませながらのディープキス。
面食らってまだ臨戦態勢に入っていない俺のモノをサワサワまさぐってくる

こっちもソレ目的だし、躊躇もせずされるがままにしていたら、そのまま俺のモノをジーパンから引っ張り出してフェラし始めた。
そのフェラが上手い事上手い事、 どこかその手の店で働いていた事があるんじゃ無いか?と思う程の舌技w

そのまま好きにさせてたらこっちが愉しむ前にイカされでしまいそうだったので、ベットに誘い彼女の服を荒々しく剥ぎ取る。
パンツには既に漏らしたようなシミを付けていた。
その濡れ光ったアソコに剥き身になった俺の肉棒をそのまま押し付けて生挿入。
生で入れられると思っていなかった彼女は、

「ねえ、ゴム着けてよ。じゃないと、嫌だよ。」

と言いながら、体を離そうとする。
しかし、男漁りをしまくっているこのバカな人妻の中にたっぷり出してやり制裁してやろうと、出会いサイトでやり取りしている特から思っていた。
なので、意に介さずそのまま力任せに突いてやると彼女も感じ始めて来た。

「ダメ。お願い。着けて。ね!嫌~~。ダメダメ」

と、身をよじる。
その嫌がる顔が妙にいやらしくて、その顔を見ながらピストンしていたら、上手いフェラを味わった後もあってどんどんと射精感が近くなり、そのまま何も言わずに中出してやった。

「え!ウソ。出してないよね。イッてないでしょ?」

と、戸惑ったような声を出す彼女。
俺は何度もビク!ビク!っとペニスを脈打たせるように痙攣させながら彼女の膣奥に白濁液を大量に流し込んでやった。

「イヤー!ダメだよ。危ない日なんだよ。どうしてくれるの?」

と、怒っている彼女をそのまま組み敷いたまま、射精後も一度も抜かずに人妻穴を突き上げ続ける。
彼女の体はそのピストンに、ビク、ビク、と嫌でも反応しながら、絶頂へと近づいて行く。
そのイキそうになる彼女の表情を楽しみながら、

「このまま続けたらやばいからやめようか?」

と意地悪く聞くと、

「え!ここでやめるの…。嫌!イカせて! ね、お願い。このまま続けて…」

と、彼女は叫ぶように懇願する。

「じゃあ、このまま中に出していいの?」

「うん…いいよ…お願い…イカせて…」

「やったね」

と心の中でガッツポーズをしながら、バカな人妻を絶頂に導いてやった。
2度目の射精を迎えた頃には、彼女は何度も絶頂を向かえ、失神寸前。
潮まで吹いて喜んでいた。
膣内奥に2回分の大量の精子を溜め込んだまま、彼女はぐったりしていた。
そのまま、10分程ペニスで栓をしておいた。
抜いた後も、ティッシュをあてがうふりをしながら、彼女の両方の陰唇で栓をしておいてやった。
絶対に妊娠するように…。

出会い系でエッチに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報