(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

お義兄さんを誘惑、視線に興奮していつもより濡れちゃった…

サイキ



わたしは地元を離れて、今、東京で一人暮らしをしているのですが、先月にお義兄さんが仕事でこちらに出張で来ることになったので、実家からわたしのわたし物を預かって出張の帰りがけに家まで届けてもらう約束をしていました。
最初は取引先訪問後に家に寄るとの事で、お昼過ぎに家に届けれそうという話だったのですが、仕事が早く片付いたかなんかで予定よりかなり早い時間になる朝の10時頃に家に届けにやって来ました。
予定外だったのとその日は休みだったため、わたしはまだ寝起きの姿のままだったのですが、お手間かけてる分そのまま外に待たせてると申し訳ないので、そのままの姿でひとまず家に上がってもらいました。
とりあえずお茶を飲みながら、実家のことや家族のことなど他愛もない話をしてました。

寝起きのそのままの姿なので寝間着姿だったのですが、わたしの寝る時の恰好はパジャマなどではなく、薄手のロングワンピ一枚で下着を全く着けずに寝るので、その時は上着をはおってたはいたもののノーブラに気づかれてしまったらしく、お義兄さんは話をしながらも私の胸に何度も視線を向けました。
義兄さんの視線の感じで私も見られてることに気づいて、その時に着替えた方がいいかなとも思いましたが、おもむろに下着やら服やらを出して、着替えるのもなぁと思い、とりあえずそのままでいることにしました。

というのも、わたしは見られたい願望とまでは言いませんが、見られることに興奮してしまう性癖を持っているので、はじめはうっかりだったのではありますが、話をしながらも見られてるだけで少し感じてしまったというか、少しずつ濡れてくるのが自分でもわかりました。

とはいえ、姉さんの旦那さんだしこの状況はまずいなぁと思っていたんですが、視線を感じれば感じるほどだんだんとエッチな気持ちが湧いてきてしまって、もっと見られたいと思いはじめました…。
そのままお義兄さんとSEXしたいという訳ではなかったんですが、もっと見られたいという気持ちが出てきてしまって、見てもらう行為をどんどんエスカレートさせてしまいました。

お茶の追加に台所に立った時に、お義兄さんに気づかれないように自分で乳首をいじってから戻って、パッと見ても乳首が立ってるのをわかるようにしてみたり、キャミワンピの裾をひっぱって谷間が見えるようにしたりしました。

その頃には、最初はチラチラ見る程度だったお義兄さんも、私の胸を見ることに夢中になっている雰囲気でした。

その視線が余計にわたしをエスカレートさせてしまって、今度はワンピの後ろの裾をおしりの割れ目にはさんでノーパンだというのがわかるようにおしりを突き出して物を探すフリをしてしまいました。
その瞬間、お義兄さんが「ぁ…」という声を漏らしたので、後ろを向いていながらも、わたしは見られてることがはっきりわかりました。
その頃には、わたしはもうお義兄さんとエッチしたいと内心思ってましたが、でも一応、お義兄さんと義妹という関係上、露骨に誘うわけにもいかず、そのまましばらく話を続けました。

お義兄さんも少し興奮しているというか、ムラムラしてるような感じはしましたが、やっぱり嫁の妹だからか、何もしてくる気配はありませんでした。
ところが何かの話の流れで少し前にわたしが痴●にあったという話をしていたら、お義兄さんがものすごく詳しく話を聞きたがりだして、ちょっとエッチな会話に話が進んでいきました。
どこを触られたとか、どういう風にされたかとか、気持ち悪かったーとか、そういう話しをしていたんですが、

「そんなにエロい体で密着されたら、我慢できなくなる○漢の気持ちもわかるけどなー」

と、お義兄さんがふざけたように言ったので、

「じゃあ、わたしがお義兄さんに密着したら、お義兄さんも我慢できなくなっちゃうの?」

と、思わず言ってしまいました。

そのまま、座ってるお義兄さんと向かい合わせになるような形で膝立ちになって、わたしの胸がちょうどお義兄さんの顔の前にくるような状態になり、お義兄さんの首に手を回して、

「我慢できなくなったら、触ってもいいよ」

と、ちょっとふざけながら言ってみました。

「いやいやいや、だめだよ、だめだめ」

と、お義兄さんはかなり焦ってましたが、ちょっと興奮してるような感じで鼻息があらくなってて、ダメと言いながらも片手をわたしの腰においてたので、もう片方の手を取って、無理やり胸を触らせちゃいました。

「何…どうしたの?したくなっちゃったの?」

「○○(姉の名前)に絶対に内緒にできる?」

と言う声が、もう興奮しきっていて、聞きながらも片手でわたしの胸をわしづかみにして揉んでました。

「お姉ちゃんには内緒にするから、たくさんして」

と言うと、兄は両手でわたしの胸を強く揉みはじめました。
服の上から乳首をツンツンとする感じで刺激されて、わたしはいつも以上に感じちゃいました。

はおっていたカーディガンを脱がされて、ワンピの肩ヒモを胸まで下げられて、おっぱいを中から掴みあげるような感じで出されました。
両方の指で両方の乳首を弾くようにいじられて、

「ここ、気持ちいいの?」

と聞かれたので、

「ん…」

と言うと、

「さっきっからずっと、やらしく立ってたもんな」

と言ってそのままむさぼりつくように乳首を吸われました。

お義兄さんにされてるっていうのが、いつも以上に感じさせられて、乳首を吸われてるだけで、大きい声が出ちゃいました。
すごく気持ち良くて、自分からお義兄さんの顔に胸をおしつけるようにして、自然におしりを突き出すような格好で腰まで動かしてしまいました。

「まだなんにもしてないのに、こっちも感じてるの?」

と言いながら、太ももの裏側を撫でてそのままワンピの裾を捲りあげられました。
しばらく乳首を吸ったり噛んだりしながら、片手で乳首、もう片方の手でおしりを撫でたり掴んだりされました。

しばらくして乳首から顔をはなすと、腰を引きよせるようにしてわたしの顔を見上げながら、アソコに手を伸ばしてきました。

「すごいよ、ここ」

と言いながら、手のひら全体で割れ目に沿うようにゆっくり撫でられました。
手の平でアソコを拭かれてるような感じがすごく気持ち良くて、のけぞりながらも、夢中で腰を動かしてしまいました。

お義兄さんはまた乳首を吸いながら、クリからアナルくらいまでを手の平でずっと撫でてました。

その後、わたしはベッドの上に座らされて、M字に足を広げられると、床に座っていた兄は、今度はアソコをむさぼるように舐めまわしてきました。

顔を押し付けるようにしたり、舌先で刺激されたり、わざと音を立てられたりしてわたしはもう何がなんだかわからないくらい気持ちよくなりました。

お義兄さんはスーツの上着とズボン、くつ下を脱いで、ネクタイを取ってシャツとパンツになり、また乳首を舐めながら、中指をアソコに入れてきました。

中指をゆっくり出したり入れたりしながら、クリも一緒に責められて、気持ちよくなったわたしは我慢できず

「もう1本指入れて」

とお義兄さんにお願いしました。

お義兄さんは興奮した感じで、

「1本じゃ足りないの?」

と言うと、今度は人差し指と中指をアソコに入れてきました。
わたしのアソコを観察するみたいに顔を近づけて、指を出したり入れたりするのでわたしはよけいに興奮して、アソコを見せつけるように腰を持ちあげて動かしちゃいました。

「すごく気持ちいい…」

と言うと、

「ん…?どこが気持ちいいの?」

と、少しうわずった声でお義兄さんが聞きかえしてきたので、

「……おま○こ、すごく気持ちいい…」

と答えると、

「あぁ…ほら、もっと気持ちよくしてあげるからね…」

と言いながら、ものすごい早いスピードで指をズボズボされました。
兄はものすごい興奮した様子で、

「すげーやらしい音してるよ、ほら」

と言いながら、もう片方の手でクリを挟むようにして動かしてきました。

「もうイッちゃう…」

と声にならない声で言うと、指でアソコを激しくかきまわされて、そのままわたしはイッちゃいました。
グッタリしてるわたしを横目に、兄は我慢できないといった感じでパンツを脱ぎました。
わたしはあまり年上と付き合ったことがないので、30代の人のおちんちんは、そんなに元気がなさそうな印象を持ってたんですが、お義兄さんのおちんちんは、お腹にくっつきそうなくらい反りかえってました。
ベッドに座ったわたしが、今度は立ってる兄の腰を引き寄せるような感じでフェラしました。舐めたりしゃぶったりしてるうちに、

「もう入れていい?」

と兄に言われて、後ろから入れられました・・・・・。
そのままお互いにむさぼるようにエッチしたのですが、体の相性が抜群すぎてこれからどうしようかと悩んでいます。

義兄弟との不倫に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報